逃げるは恥だが役に立つ

逃げるは恥だが役に立つ【原作続編51話】最新話ネタバレ感想!生んだ子より抱いた子

こんにちは。2019年10月25日発売のEKissより、逃げるは恥だが役に立つ【51話】「生んだ子より抱いた子」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

➡「逃げるは恥だが役に立つ」の最新刊を無料で読む

逃げるは恥だが役に立つ【原作続編51話】最新話ネタバレあらすじ

百合ちゃんの家に、桜がお見舞いに来ています。

みくりは妊娠8ケ月で、里帰り出産をしなさいと言っているけど、平匡が育休が取れることになっているのでみくりは里帰りはしないようです。

子供か・・・

百合ちゃんはさびしそうにつぶやきます。

百合ちゃんは、子供を産まないまま子宮を取ったことに寂しさを感じていました。

しかし、桜はお姉ちゃんが元気に退院して良かったと伝えます。

桜は、みくりの家に様子を見に行きます。

みくりは妊婦の体で腰痛もちになっていました。

子供が産まれるまえに、髪の毛も、ギリ結べる程度まで切ったようです。

みくりと母の桜が話をしているときに、平匡が洗濯物をたたんできますと言ったことに、桜が甘えてばかりだと愛想付かされるわよとみくりを脅します。

みくりはいろんなひとに妊娠の悩みを聞いてもらえるけど、平匡は誰かに相談できているのか?と桜はみくりにたずねます。

初めての子供が不安なのは男も女も変わらないと言います。

夜になり、平匡にそのことを尋ねると、沼田会で日のさんがあれこれアドバイスをくれているようでみくりは安心しました。

翌日、桜が帰る際、ふたりに子育てはゴール設定しちゃダメよと伝えます。

過程を楽しみ、余裕を持って、あきらめることも大切だと話ます。

一方、雨山さんが北見さんとカフェでお茶をしています。北見さんに誘われたものの、話があわず、何を話せばよいのか困惑中の雨山さんです。

しかし、途中から話の流れで灰原課長の悪口になり、会話がはずみます。そのことで更に雨山さんは、唯一盛り上がるのが灰原課長の悪口ってどうなのか・・・津崎さんに相談したときと違うなと感じています。

北見さんは、そのカフェを出ようといい、お会計も雨山さんがお手洗いに行っている間に済ませてくれていました。

北見さんは、雨山さんとは話が合うと思っていますが、雨山さんは悪口以外では話があったことはないと感じています。

百合ちゃんの家に看護師の伊吹とその彼女であるすみれさんが、お見舞いにやってきてくれました。

なかなか彼女を紹介できる人がいないので伊吹はうれしそうです。

そしてすみれも緊張しつつ嬉しそうです。

話題はレズビアンカップルで子供を作る場合になりますが、自分たちの年齢では子供を産むには厳しくなったので、児童養護施設の子を預かったりするボランティアがあるという話をしています。

いろいろな話をして、百合ちゃんはたくさんの勇気をもらい、風見さんに連絡をとることにしました。

みくりの出産予定日まであと9週

逃げるは恥だが役に立つ【原作続編51話】の感想

みくりの母の桜が言った、「子育てはゴール設定しちゃダメ」ていう話がなるほど!と思いました。確かに、他人と比べてモヤモヤしたり悲しい思いをしたりというのは無駄だなと思います。

諦めたりすることも大切なんだと考えさせられました。みくりの母は子育てしてきて、その経験からみくりに話すのですが、桜自身もまた他人と比べて一喜一憂していた時期があったようです。

今から考えれば、今が幸せならそれでいい・・・私もそう思います。

逃げるは恥だが役に立つ【原作続編52話】の考察予想

ラストに百合ちゃんが勇気をもって、風見さんに連絡しました。無事退院したことを伝えると早速風見さんから、いつが良いですか?との返事。

次回はまず百合ちゃんと風見鶏のお話でしょう。看護師のお友達である伊吹とその彼女のすみれに勇気をもらい「子供」とか家族の形について話をし、いろんな形で子育てに参加することは可能だということを知って勇気が持てたようです。

みくりもかなりお腹が大きくなってきたので出産準備や、子供の名前の候補なども出てくるのではないでしょうか。

➡逃げるは恥だが役に立つ【52話】へ

まとめ

逃げるは恥だが役に立つ【51話】「生んだ子より抱いた子」のネタバレと感想&52話の考察予想についてまとめました。

逃げ恥 漫画 最終巻4/13に逃げるは恥だが役に立つ【11巻】最終巻が発売されました。11巻を無料でいますぐ読むならU-NEXTがおすすめです!初回31日間無料でサイトを利用でき、付与されるポイントを使えば実質無料で読むことができます!ぜひチェックしてください。無料トライアル