ワンピース

ワンピース【1024話】最新話ネタバレ考察|瓜二つ!ゾロは侍の子孫!?

こんにちは。ひらりです。

2021年9月6日発売の週刊少年ジャンプに、ワンピース【1024話】が掲載予定です。

前回の1023話では、モモの助が巨大龍に変貌しました。侍たちはその命をかけてワノ国の夜明けのために戦っています。飛び六胞を倒した次は大看板。

河松とヒョウ五郎は、大看板と戦うゾロを見て鈴後大名霜月牛丸、大剣豪リューマの姿を思い出していました。

それでは、この記事では、ワンピース【1024話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(▷1024話の確定はこちら

ワンピース【1024話】最新話ネタバレ考察「瓜二つ!ゾロは侍の子孫!?」

ゾロは若き日の牛丸に瓜二つです。イラストを見てみるとゾロにちょんまげをつけただけで、侍に変装していたゾロそのものなのです。

かつてワンピースコミックに載っているSBSの中で尾田先生本人が”何十年か前にワノ国の船が“東の海”に到達した、

その時の子孫が皆さんの知るとある人物”と語っていたことがあり、東の海シモツキ村出身のゾロは、牛丸の子孫である可能性が非常に高くなりました。

名前に霜月がないのが気になりますが、ワノ国との関連を悟られないようにあえて名前の一部が消されたのかもしれませんね。

ワンピース【1024話】最新話ネタバレ考察「20年の時を経て」

モモの助がしのぶの力で8歳から28歳まで年齢を進めてもらい、無事大人になることが出来ました。

敢えて大人の姿を出さずいきなり巨大龍の姿にしたということは、大人モモの助を見られるのはこの戦いが終わった時でしょう。

じれったいですが、これにより意地でも最後まで見守らなければならなくなりました。

大人にしてという願いであれば10歳と少し進めて成人させるだけでも良かったところ、20歳分進めたということはしのぶはまわりと揃えてくれたのです。

20年の時を経てカイドウを討つ。ようやくモモの助も他の侍たちと同じ土俵に立つことが出来ました。

ワンピース【1024話】最新話ネタバレ考察「巨大龍で鬼ヶ島へ!」

モモの助が大人となり巨大龍となったことで、遂に鬼ヶ島へ戻る時がやって来ました。

小さな時の慌てたら龍になってしまっていた時とは違い、覚悟が決まり自信もついているようなので途中で姿が変わることもなくそのまま鬼ヶ島へ行けるでしょう。

もしかしたらボロブレス使えるかもしれません。ルフィと共に鬼ヶ島、ドクロドーム屋上に到達した時、カイドウはモモの助の姿を見て怒るでしょう。

そこでモモの助がどのような反応をするのかに期待です。

まとめ

この記事では、ワンピース【1024話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

▷1024話の確定はこちら

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。