ワンピース

ワンピース1049話ネタバレ!ついにルフィとカイドウの激闘が決着!

2022年5月16日発売の週刊少年ジャンプ24号掲載の「ワンピース」のネタバレについてまとめました。

【前回のあらすじ】

小紫を道ずれに死のうとしていたオロチですが、傳ジローが現れ、オロチを真っ二つに切り裂きました。

ワンピース1048話ネタバレはこちら

ワンピース1049話ネタバレ

激闘を繰り広げるルフィとカイドウ。

そんな中、カイドウは幼い頃のことを思い出します。

 

かつてウォッカ王国に生まれたカイドウは、国のために戦い、10歳にして最強の兵士と言われていました。

ウォッカ王国は天竜人に従って、戦争で勝って金を奪い「天上金」を払わなければ、世界での人権を失うことになるため、戦争を辞めることができませんでしたが、カイドウは天竜人に従うことに憤りを感じていました。

そんなある日、カイドウは海兵になれと国に命令されます。

カイドウを引き渡せば、ウォッカ王国は次回から「世界会議」への参加権を獲得できるらしく、カイドウは政治に利用されてしまったのです。

怒ったカイドウは海軍船から逃げ出し、賞金首となりました。

腹が減ったらわざと監獄船に捕まり、再び逃げるというのを繰り返したカイドウ。

そして44年前、カイドウは海賊島「ハチノス」で、まだ15歳の若さでロックス海賊団の一人をボコボコにしました。

さらにそこで出会った白ひげ海賊団のエドワード・ニューゲートに、ロックスが会いたがっていたと伝えられたカイドウはロックスと会い、「ロックス海賊団」の一員になったのです。

しかし仲間割れを起こしたロックス海賊団はガープにやられて崩壊し、カイドウも裏切って逃げ出しました。

それから10年後、百獣海賊団を結成したカイドウは、黒炭ひぐらしの助言もあり、ワノ国を目指しました。

平和ボケした権力者どもを戦場へ引きずり降ろせと、カイドウは叫びました。

そんな中、カイドウはキングに、ヤマトがおでんの望む開国はジョイボーイを迎えるためだと話していたことを伝えます。

さらにカイドウはジョイボーイが誰だか分かったとキングに話しました。

 

一方、CP0の1人は鬼ヶ島を脱出。

鬼ヶ島ドーム内は雷ぞうとジンベエが協力してゾウの水を放水し、火事はほぼ鎮火しました。

しかしモモの助は焔雲を出そうと奮闘していましたが、カイドウの焔雲が消えて島が落ち始めます。

その瞬間、モモの助の焔雲がついに放出され、モモの助はすぐさま鬼ヶ島を引っ張って移動させました。

そしてカイドウはルフィと衝突する中、お前が一体どんな世界を作れるのかと問いかけます。

するとルフィは、友達が腹いっぱい飯を食える世界だと叫びながら、巨大な右手でカイドウを殴り飛ばしました。

カイドウはそのまま地面へ落下していく中、キングにジョイボーイが誰だか分かったと話した時のことが頭をよぎります。

キングはジョイボーイは誰なのかとカイドウに尋ねました。

するとカイドウは、この先自分を倒した男だと答えます。

それを聞いたキングは、じゃあ現れそうにないなとつぶやきました。

そして花の都で火祭りが行われる中、カイドウは静かに地面に着地し、倒れ込むのでした。

ワンピース1049話感想

ようやくカイドウとルフィの戦いに決着がつきましたね。

とても長い戦いでしたが、決着して安心しました。

次の展開はどうなるのでしょうか?

次回のワンピース1050話は週刊少年ジャンプ26号に掲載されます。

ワンピース1050話ネタバレはこちら