ワンピース

ワンピース【967話】ネタバレあらすじ考察&感想!ロジャーは何を言ったのか

こんにちは。2020年1月6日発売の週刊少年ジャンプより、ワンピース【967話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

前話をご覧になっていない方やもういちどふりかえりたい方はこちら

966話では、ついに顔を合わせたロジャーとおでん。ポーネグリフにかかれてある文字が光月家に伝わる暗号だということがわかり、ロジャーはポーネグリフの文字を読むことができるおでんを連れていきたいと言いました。

おでんも新たな世界を見るため、白ひげの船を下りてロジャーについていきました。

➡「ワンピース」の最新刊を立ち読みする(←こちらのサイトの「試し読み」をクリック!)

ワンピース【967話】最新話ネタバレあらすじ

ワンピース【967話】確定は➡こちら

ワンピース【967話】ポーネグリフを探す旅

ポーネグリフに書かれた文字を読むことができるおでんを連れてロジャー海賊団は空島へ向かいました。そこにあったポーネグリフに書かれたのは古代兵器ポセイドンに関することでした。

ポーネグリフには世界の歴史について書かれたものと、最後の島ラフテルへの行き方が書かれたロードポーネグリフがあります。今はビッグマムの元に一部のポーネグリフがありましたが、ロジャーが旅をしていたのは今から20年以上も前なのでポーネグリフは今とは違った場所にあったと思われます。

ロジャーの目的は世界一周なので、とにかくこの旅はポーネグリフを見つけることを優先する旅になるでしょう。

ワンピース【967話】ロジャーは何を言ったのか

世界一の海賊団になったとき俺は・・・、とロジャーは何を言ったのでしょう?白ひげはそんなロジャーをガキのようだと笑い、おでんは固まっていました。

ロジャーが言った言葉は”海賊王”ではないかと思っています。ルフィがずっと海賊王になると言っています。ルフィが海賊になったことにロジャーは関係していませんが、海賊王という言葉はワンピースを手にいれた海賊の称号とされています。

どこかでこの発言をした人がいるからルフィはそれを目指していると思うので”海賊王”とロジャーは言ったと考えます。子供はすぐに自分を神、王というのも理由の1つです。

ワンピース【967話】おでんは旅で何を得る?

おでんはずっと鎖国国家であるワノ国を開国したいと思っていました。外の世界を知りたいとずっと願っていたおでんにとってこの旅は新しい発見の連続です。

しかしただの観光のための旅ではありません。おでんはこの旅で得た情報をワノ国に伝えて、外の世界は素晴らしいことを国民に伝えたいはずです。今のところ開国をするべき理由になるものは見つけていません。

ワノ国に持ち帰って役に立つものがあれば開国のきっかけとなるかも知れませんが、20年たっても開国されていないことを考えると何もなかったか、オロチに消された可能性があります、もしもオロチに収穫を消されたのだとしたら何を手にいれていたのかとても気になります。

ワンピース【967話】確定は➡こちら

まとめ

2020年1月6日発売の週刊少年ジャンプ6号より、ワンピース【967話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。