ワンピース

ワンピース【968話】ネタバレあらすじ考察!ワノ国に異変が起こっている理由

こんにちは。2020年1月20日発売の週刊少年ジャンプより、ワンピース【968話】のネタバレ考察予想についてまとめました。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

967話では、おでんを乗せたロジャー海賊団の船は倒れたトキをワノ国で下ろすと再び出向します。

そして、ロジャー海賊団はついにロードポーネグリフを解読して最後の島へ。そこにあった確かな宝を前にロジャーは笑いました。そしてその島に”ラフテル”と名前をつけたのです。

➡「ワンピース」の最新刊を無料で読む

ワンピース【968話】最新話ネタバレあらすじ「おでんの冒険は終わり」

最後の島へとたどり着きロジャーは海賊王になりました。おでんを乗せた時点で余命は1年と言われていたロジャーはそろそろ限界です。シャボンディ諸島でレイリーが言っていたのでは、ロジャーはこの後自ら海軍に捕まりに行きます。

乗組員たちはそのお陰で全員逃げ延びたはずです。おでんも例外ではないはず。ロジャーが冒険をやめるのであればおでんもここで冒険を終わりにしてワノ国へ帰らなければなりません。海賊おでんから将軍おでんに変わるときがやってきました。

➡ワンピース【968話】確定へ

ワンピース【968話】最新話ネタバレあらすじ「ワノ国は今」

おでんはトキを送り届けた時に、ワノ国に異変が起きていることには気づいていました。それでも自分の好奇心、冒険心を優先して再び海に出たのです。

ワノ国に異変が起こっている理由はもちろんオロチが将軍代理を務めているから。この時既に工場が作られている可能性もあるのではないでしょうか?

おでんが来たときにはワノ国は工場だらけ、各地に格差が現れているのかもしれません。

ワンピース【968話】最新話ネタバレあらすじ「おでん急げ」

おでんはまだスキヤキの死も知らないでしょう。ワノ国に戻ってすぐに将軍の座につくことになるおでんはおそらくオロチが悪いやつだと言うことにも気づきません。

そんな状態でおでんは、ワノ国を良くしよう、開国しようと自分なりの政策を開始します。汚れきったワノ国はかなり手遅れになっていそうです。

オロチの根回しも全体に広がっているでしょう。一刻も早く正しい方向に導かなくては行けませんが、導く前におでんはオロチにはめられて処刑されてしまいます。

まとめ

2020年1月20日発売の週刊少年ジャンプより、ワンピース【968話】のネタバレ考察予想についてまとめました。