弱虫ペダル

弱虫ペダル【630話】最新話ネタバレ確定&感想|最後のカウントダウン

こんにちは。ひらりです。

2021年3月11日発売の週刊少年チャンピオンより、弱虫ペダル【630話】「最後のカウントダウン」を読みました。

629話では、残り800mで悠人に追いついた坂道と段竹したが、悠人はさらに加速を上げて10mと差を広げます。

今泉と鳴子とのアドバイスを受けて、何度もゴール前の練習を繰り返してきた坂道と段竹は猛追します。

坂道は残り40秒で段竹に飛び出すよう指示します。

それでは、この記事では、弱虫ペダル【630話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

▶「週刊少年チャンピオン」を1冊無料で読む

弱虫ペダル【630話】最新話ネタバレあらすじ

峰ヶ山クライムヒルレースのゴールで待つ鳴子たちは、先頭は予想通り悠人がトップでいることに気が付きました。

ゴール争いをすることなく、そのままトップでゴールするつもりの悠人にプライドを感じる手嶋。

ゴールまで500m。

残り40秒後に発射するよう準備を心がける坂道。

段竹の脳内でカウントダウンが始まります。

ここから先は自分一人の戦いになる。

再び緊張が止まらない段竹は、心臓を飲みこめと自分に言い聞かせます。

悠人に追いつこうと坂道は必死に走り、坂道の後輪と段竹の前輪のタイヤは擦れ合うほどです。

その様子に驚く観客たち。

ゴールまで残り300m。

カウントダウンは残り2、1。

ついに坂道が右手を上げました。

並走する段竹。

坂道と段竹は発射の際の合図について、前もって打ち合わせをしていました。

坂道が右手を上げることで一応のサインとしていましたが、段竹は頑張れるからと、是非とも坂道に一言欲しいとリクエストしていました。

すると坂道は段竹の背中を掴みこう叫ぶのでした。

「オーダーだ。山頂を獲れ!段竹竜包!」

力強く背中を押されて飛び出す段竹は、みなぎる力、湧き出てくる熱を感じすにはいられません。

獣のような口調になる段竹。

その様子を見ていた悠人は、段竹のくせに自分に寄せてきたと感じます。

今の段竹には怖いものは不思議とありません。

鏑木に対してはしゃぐと誓う段竹。

その遥か後方の鏑木は、ゴールを目指す段竹に吠えろとエールを送るのでした。

弱虫ペダル【630話】感想

ゴール前に最初で姿を見せたのは悠人でしたが、総北の選手たちにはある程度想定済のようでした。

一方、準備発射の直前の段竹は、一度は吹っ切れかと思われましたが、またも土壇場で弱気の虫が出て不安な様子です。

しかし、それを払しょくしたのが坂道の気合注入でした。

普段の口調からはあまり想像できない激しい口調で、トップを獲るように命令した坂道。

キャプテンとして、上級生として毅然とカッコよさでしたが、実はセリフの最後に「くん」付けする辺りが坂道らしいです。

弱虫ペダル【631話】考察予想

坂道に背中を押された段竹。

ここに来て本当に覚醒したようで、獣のような雄たけびと怖いもの知らずの様相で、イケイケの態度に豹変しました。

鏑木との別れの際に「はしゃげ」とアドバイスされたように、勢いついた段竹。

追われる身の悠人にしてみれば、今までのチキンぶりを知るだけに、段竹のクセにと思う気持ちも分かります。

次回は1年生同士のラストバトルとなります。

総北の当初予定ではゴール手前500mで段竹が発射する予定でしたが、300mと直前過ぎる飛び出しで悠人を抜くことが出来るのか注目です。 

弱虫ペダル【631話】へ

まとめ

この記事では、弱虫ペダル【630話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「弱虫ペダル」を1冊無料で読む