来世は他人がいい

来世は他人がいい【16話後編】最新話ネタバレ感想|無関心ならいっそ嫌われたほうがいい④(後編)

こんにちは。2020年1月24日発売のアフタヌーンより、来世は他人がいい【16話後編】『無関心ならいっそ嫌われたほうがいい④(後編)』を読みましたのでご紹介します。

16話前編では、霧島と初デート?をしていた吉乃ですが、霧島は電話がかかってきた後用事が出来たと言ってデートは終わりになってしまいます。

霧島が大阪で急用などあり得ません。何かを察してブチ切れた吉乃は、着替えと化粧をして出かける準備を始めました。

➡『来世は他人がいい』を立ち読み(←こちらのサイトの「試し読み」からい今すぐ立ち読み)

来世は他人がいい【16話後編】最新話ネタバレあらすじ

霧島は菜緒と密会中です。自分の用事よりも菜緒の方が大事だと言う霧島に、菜緒は彼女である吉乃よりも大事かと聞きます。

吉乃に気付いていることをばらしてしまったのです。

しかし霧島は、菜緒と吉乃が接触したことを知っていたと答えます。吉乃にあったことも、スマホの画面を見てしまったことも全て霧島が仕組んだことだったのです。

霧島の事をクズだと言う菜緒ですが、霧島も菜緒の事をクズだと思っており、クズだからハメても罪悪感がわかないとまで言ってきます。

霧島は小津とグルだと疑い始めた菜緒ですが、霧島は菜緒が小津のいいカモになっていると言います。

霧島が菜緒の先輩をAV女優に斡旋したと思った様子の菜緒ですが、それは全て小津がやったことでした。

小津がやったと言われても信じることができない菜緒に、菜緒はターゲットになった霧島の知り合いが3人いて4人目が菜緒だという事を伝えます。

霧島と付き合っていたことをなかった事にしてやると言われて今日霧島と会った菜緒ですが、マリファナの件もあるため菜緒は一生小津に使われると霧島に言われ、どうすればいいのか分からなくなりました。

着替えを済ませた霧島は、小津が指定した場所を教えてくれれば菜緒への被害を最小限で押さえることが出来ると言います。

しかし、菜緒は先に向かった吉乃のことを気にしていました。

吉乃のスマホの複製を持っている霧島は、菜緒から吉乃に連絡はなかったと言いますが、菜緒は吉乃に言われてタブレットの方にある別のアカウントに連絡をしていたのです。

すぐにGPSで吉乃の場所を探す霧島。そこに吉乃から電話がかかってきました。

GPSのことも、霧島が菜緒といることも知っている吉乃は、菜緒の指定場所に小津はいないと伝えます。なぜなら今吉乃の目の前に小津がいるからです。

来世は他人がいい【16話後編】感想

騙し合いすぎてもう何が何やら・・・。という感じですがとにかく吉乃がかっこいいです。初めの方でGPSで居場所を監視されていたことはありますが、その時からずっと霧島に監視されていることを疑い続けていたのでしょうか?

パーティーのようなところに来ている吉乃の姿がとても美しいです。高校生には見えません。菜緒の指定場所には小津はいないと言った吉乃ですが、どのようにして小津の居場所を突き止めたのかが気になりました。

来世は他人がいい【17話前編】考察予想

霧島が到着する前に、吉乃は小津に接触するでしょう。まず小津の狙いが分からないので何とも言えませんが、霧島を潰すために吉乃を使いたいと思っているのでしょう。

久しぶりに吉乃のガチギレシーンが見れると思うともうゾクゾクしています。吉乃が危険かもしれないと思うと霧島は気が気でない様子で走りだすでしょう。

もし到着した時に吉乃にかすり傷でもつけられていたら、狂ったように小津を殺そうとするのでしょう。次回は面白い回になること間違いないです。

まとめ

2020年1月24日発売のアフタヌーンより、来世は他人がいい【16話後編】『無関心ならいっそ嫌われたほうがいい④(後編)』ネタバレ&17話の前話についてまとめました。

➡『来世は他人がいい』を立ち読み(←こちらのサイトの「試し読み」からい今すぐ立ち読み)