週刊ヤングジャンプ

リビドーズ【66話】最新話ネタバレあらすじ感想|あの人を頼んだぞ

こんにちは。2020年5月28日発売のヤングジャンプより、リビドーズ【66話】「あの人を頼んだぞ」を読みました。

65話では、初瀬を助け出すため島へと上陸したイサムたち。政府軍を制圧しようと父島に上陸した井手とシュウは、有坂と原田に行く手を阻まれます。

一方、ミキヤはリビドを操る女と共に1隻のクルーザーを発見していました。その中には・・・女性のリビドが眠っていたのです。

それでは、この記事では、リビドーズ【66話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

リビドーズ【66話】最新話ネタバレあらすじ

戦闘中の井手。

有坂に右足を切り裂かれます。

ほとんど傷を負っていない有坂に対し、傷だらけの井手とシュウ。井手は脚を切られて動きを制限され、シュウは左手を切り落とされて満身創痍です。

1対2にもかかわらず歯が立たないと判断した井手は、殺されると口にしました。

その言葉を聞いて高笑いするのはシュウ。

勝利の為に、まずは原田を叩くべきだと言い始めます。

確かに有坂の動きは原田の指示が大きな役割を占めており、原田を倒せば有坂に勝つことはかなり楽になります。

問題は、どうやって有坂の防御を抜けるか・・・。大量出血のシュウは既に目がかすんで来ており、時間がありません。

そこであれをやると言い始めるシュウ。

シュウの言葉に、井手は反対します。

それをやるとシュウの身が危険になる・・・。

そう話す井手に、シュウは中竹への恩を返したいと話しました。

中竹に拾ってもらった2人は、中竹のために命を賭けようとしているのです。

一方、クルーザーの中で女性のリビドを発見明日ミキヤたち。

周囲を見渡し、その中に生活感を見出した女は、ここでリビドと一緒に生活しているイカレたやつがいると推測します。

それは・・・原田。

原田は井手とシュウとの戦闘に使っていた視力を、一瞬クルーザーに向けました。

そこで見えたのは、リビドとミキヤ、女の姿・・・。

最愛の横川をリビドに襲われたらアンドロギュノスになってしまうと感じた原田は、クルーザーに向かいます。

思わぬチャンスが到来したと、井手とシュウは気合いを入れ直すのでした。

まず動いたのはシュウ。

指を伸ばし、有坂を縛り上げます。

ある程度動きを封じたところで自分に電気を流すように命じるシュウ。

シュウの作戦とは、自分もろとも相手を感電させることだったのです。

できないと拒否する井手ですが、シュウの覚悟を見て手を伸ばし・・・電気を流しました。

➡「ヤングジャンプ」を『試し読み』からいますぐチェック

リビドーズ【66話】感想

劣勢の井手&シュウの勝機が来ました。まさか、原田の能力がここまですごいとは思いませんでした。

戦闘には全く使えないと感じていましたが、サポート役としては最強ですね。あの井手とシュウを相手に有坂1人で圧勝させるとは、意外すぎます。

しかし、思わぬ危機が原田に訪れます。横川をかくまっていたクルーザーが、ミキヤたちに発見されたのです。

愛する横川をリビドに変化させないためには、政府の幼若ホルモンが大量に必要・・・。そのため、原田は田丸に逆らえないのでしょう。

リビドーズ【67話】考察予想

次回、有坂との戦いに、井手とシュウは勝利すると思います。最初は敵だったシュウですが、今は生き残って欲しいですね。

ただでさえ出血多量なので、井手の電気には耐えられなしかもしれませんが・・・。

一方、原田はミキヤたちを殺すつもりで動いています。横川のことがなくなれば原田は味方になると思うので、ここで一悶着ある予感がします。

気になる母島の別働隊ですが、そろそろ動きがあるかもしれません。
田丸と動いている謎の男の正体が明らかになるかもしれませんね!!

➡リビドーズ【67話】へ

まとめ

2020年5月28日発売のヤングジャンプより、リビドーズ【66話】「あの人を頼んだぞ」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

➡「ヤングジャンプ」を『試し読み』からいますぐチェック