週刊ヤングジャンプ

リビドーズ【48話】最新話ネタバレあらすじ感想|イサムだけだ

こんにちは。2019年12月26日発売の週刊ヤングジャンプより、リビドーズ【48話】「イサムだけだ」を読みましたのでご紹介します。

47話では、2年の眠りから目覚めたイサム。自分の幻覚を見るイサムは、外の世界を見て驚愕します。そんなイサムが道を歩いていると、出会ったのはアンドロギュノス。

2年前のことを思い出し、怒りを覚えたイサムは、能力を発動し戦う意思を示すのでした。

➡「リビドーズ」の最新刊をお得に読む

リビドーズ【48話】最新話ネタバレあらすじ

避難区域に座り、子供たちにむかって話をする男。2年前イサムと行動を共にしていた間淵です。

間淵は池袋でイサムに会ったことから、大学に行き初瀬を助けたことを語り始めました。そこで交戦したリビードーズ。

脚を刃物に変える男と、指を縄に変える緊縛師。そんな戦いを自慢げに語るのでした。

一方で、アンドロギュノスと交戦するイサム。

右腕の筋肉を巨大化させ、アンドロギュノスに殴りかかります。

イサムの攻撃を避けたアンドロギュノス。

避けられたイサムは反転し、今度は脚の筋肉を巨大化させます。

前の一撃よりスピードを高め、アンドロギュノスに右拳を決めたイサム。しかし、イサムの右拳は・・・アンドロギュノスに飲み込まれていきます

その様子を見て、声を上げるクラタ。建物の陰から見ているミキヤも、飲み込まれていくイサムを見てアンドロギュノスの勝利を感じました。

別の場所では、井出を先頭にタカオたちが歩いています。リビドーを狩り終え、アジトへと戻る井出たち。

最年少のゲジは、その道中に鹿を見つけ、肉が食べたいと追いかけていきます。その鹿は、地下鉄のホームへと逃げていき、それを追おうとするゲジですが・・・ゲジを井出が止めました。

地下はアンドロギュノスの巣窟になっている可能性がある・・・。

井出の言葉を聞いても、問題ないと話すゲジですが・・・。

地下から聞こるのは、鹿の断末魔・・・。

地下にはアンドロギュノスがいると感じた井出たち。

鹿肉は諦めるよう話す井出は、自分たちの理念を語り始めます。

リビドには拳を、アンドロギュノスには背を・・・。

場面は避難区域に戻り、話を進める間淵。

アンドロギュノスとイサムの戦いにまで話を進めていました。

間淵が語るのは、アンドロギュノスを倒したのを見たのは1度だけ・・・。

それを成し遂げたイサムは、世界を救える唯一の男だったというのでした。

そんなイサムは、アンドロギュノスに飲み込まれそうになっていますが・・・。

イサムを飲み込もうとしたアンドロギュノスが、異変を感じイサムを放しました。

そのままイサムから逃げていくアンドロギュノス。

またしてもアンドロギュノスに勝利したイサム。

その理由は・・・分かりません。

リビドーズ【48話】感想

今回の1話では、間淵、タカオ、イサムと2年前の人物たちのそれぞれの今が語られることとなりました。タカオも間淵も2年たった今でもイサムのことを考えています。イサムが生きていると知ったら、2人は喜ぶでしょう。

今回の48話で1番気になったのは、アンドロギュノスを倒す手段がないという点。
にもかかわらず、イサムだけが対抗できているという点です。

リビドーズの井出でさえお手上げのアンドロギュノスですが、イサムが持っている対抗手段が気になりますね。

リビドーズ【49話】考察予想

次回は、イサムがアンドロギュノスを退けたことにより、クラタとミキヤと合流することになります。この2人は間淵からイサムを探すように言われていることから、この2年間の説明をイサムに話し、避難区域に向うのではないでしょうか。

その道中に、井出やタカオと再開し、アンドロギュノスを倒す手段をリビドーズに伝えるのかもしれません。

イサムの持つ手段がなんなのかは分かりませんが、幼若ホルモンのようにイサムが特別に持っている能力の可能性もあるので、再びイサムの体内から何かを取り出し、武器にする可能性もあります。そこから作られた薬が、人類を救う鍵となりそうです。

まとめ

リビドーズ【48話】「イサムだけだ」のネタバレと感想&49話の考察予想についてまとめました。

➡「リビドーズ」の最新刊をお得に読む