週刊ヤングジャンプ

リビドーズ【50話】最新話ネタバレ感想!アンドロギュノスを追い払ったイサム

こんにちは。2019年12月26日発売の週刊ヤングジャンプより、リビドーズ【50話】「初瀬も その・・・」を読みましたのでご紹介します。

49話では、2年の時を経て・・・目覚めたイサム。そこは変わり果てた世界でした。外に出たイサムが出会ったのは、アンドロギュノス。アンドロギュノスに対し怒りを募らせるイサムは、リビドーの力を発動し、闘いを挑みます。

イサムを取り込もうとしたアンドロギュノスですが・・・悪寒を感じ、イサムの下から逃げていくのでした。

➡「リビドーズ」の最新刊をお得に読む

リビドーズ【50話】最新話ネタバレあらすじ

アンドロギュノスを追い払ったイサム。

ブツブツと何かを呟いています。

そんなイサムに、お礼を言うのはクラタ。

クラタはイサムに助けられましたが、気が触れたようなイサムの様子に戸惑っています。

その時、建物の影に隠れていたミキヤが、クラタに声をかけました。

アンドロギュノスにクラタが襲われている間、ずっと隠れていたミキヤに怒りを覚えるクラタ。

あの状況では助けられないと、ミキヤは言い訳をするのでした。

クラタとミキヤを見たイサムは、どうせ幻覚だと呟きます。

目覚めてからずっと、2年前の自分の幻覚を見ているイサム。

現実と幻覚の区別がつかなくなっているのです。

その時・・・イサムは突然倒れてしまいました。

血が足りない・・・。

2年間でやせ細ったイサムは、リビドーの力を使い体力を消耗してしまったのです。

そんなイサムを、クラタが担ぎ・・・避難区域まで連れて行くのでした。

避難区域のベットの上で、目を覚ますイサム。

イサムを見て声をかけるのは、ミキヤと間淵です。

涙を流しながら、イサムに謝る間淵。

そんな間淵に、イサムが尋ねたのは・・・初瀬のこと・・・。

初瀬はいまどうしているのか・・・?

間淵の答えは、〝生きている〟。

その言葉を聞き、安堵の涙を流すイサム。

初瀬に会いたいと言うイサムですが、それはできないと答える間淵。

2年前、イサムが協力する見返りに、非感染者の避難区域に逃げる権利を得られるという条件がありました。

その条件の通り、初瀬や間淵は離島に移動していたのです。

アンドロギュノスの胞子が届く範囲は、500km。

その範囲の外にある離島に逃げたことで、感染を防いだのでした。

そんな非感染者たちの島で、現在ある法律が作られようとしている・・・。

間淵はそう話します。

その法律に反対した間淵は、島を追放されたのです。

間淵が反対した法律は、非感染者の子種を、非感染者の女性に受精させる。

その法律の対象に、初瀬も入っていると言うのです。

2年前、イサムに協力を求めた田丸。

その田丸が、現在法律を推し進めているのでした。

リビドーズ【50話】感想

イサムがアンドロギュノスを退け、間淵と再会を果たしました。この出会いで、物語が動き始めましたね!

2年間で初瀬や間淵に何があったか・・・。そして、これから何が起きようとしているのか・・・。イサムにとって、アンドロギュノスが敵だと思っていました。

しかし、今度の敵は田丸・・・人間になりそうです。これが、この漫画の面白いところですね。設定は無茶苦茶ですが、奥が深い!初瀬のことを何よりも優先するイサムは、どういった行動を起こすのでしょうか!?

リビドーズ【51話】考察予想

次回、イサムは田丸の法律制定を止めるために動き出すと思います。アンドロギュノスやリビドーと戦う以上に、初瀬を優先させるはずです。そんなイサムに、間淵は協力するででしょう。

さらに、ミキヤとクラタも加わり、4人で計画を立てるはずです!ここに加わって欲しいのは、タカオですね。イサムの親友であるタカオ。

現在は井出と共に行動をしていることから、タカオと再会する=井出とも出会うと言うことになります。井出が仲間に加われば、かなりの戦力になると思うので、仲間を増やし田丸の計画を阻止する!そう予想します。

まとめ

リビドーズ【50話】「初瀬も その・・・」のネタバレと感想&51話の考察予想についてまとめました。

➡「リビドーズ」の最新刊をお得に読む