ランウェイで笑って

ランウェイで笑って【140話】最新話ネタバレ確定!千雪とシャルロットがランウェイで激突!

こんにちは。2020年5月13日発売の週刊少年マガジンより、ランウェイで笑って【140話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

139話では、出場直前に研二と出会ってしまった千雪でしたが、パリが自分の目標であることを思い出したそのオーラは加地を含め会場中を魅了してみせます。

しかしそんな中、遠とシャルロットが会場に到着し、千雪を見たシャルロットは私服のままステージに上がっていきます。

ランウェイで笑って【140話】最新話ネタバレ「千雪とシャルロットがランウェイで激突!」

シャルロットが何を感じて千雪のステージに上がったのかは不明です。

不運とは言え千雪に自らのステージを奪われた怒り・恨みか。あるいはシンパシーや融和の可能性もまだあり得ると思います。

ただ、特別なオーラをまとってステージに上がっているのは間違いのないことで、目的が何であっても千雪のオーラとぶつかり合ってしまうことは必至です。

恐らくまだ千雪とシャルロットの実力には大きな差があると思われますが、千雪のほうから戦いを避けることはないでしょう。

ランウェイで笑って【140話】最新話ネタバレ「航がジャッジを下す?」

研二の友人であり現在ミルネージュの親会社の社長である相澤航は、ショーが始まる前に研二から、千雪がシャルロットより良いモデルだと思ったらミルネージュの名前を変えることについて考え直してくれと言われています。

純粋にモデルの実績で言えばシャルロットが圧倒的なことは間違いないですが、航個人の千雪への想いもあり、真摯に答えようと現在頭を悩ませています。

そして千雪とシャルロットの激突が実現するとなった今、航はいずれその答えを出すことになるでしょう。

シャルロット優位は揺るぎませんが、本質は目先の勝ち負けではなくミルネージュの存続か否かです。

航のジャッジもそこに絞られると思われます。

➡「ランウェイで笑って」のアニメや最新刊を無料で読む

ランウェイで笑って【140話】最新話ネタバレ「千雪を見た北谷も行動を起こす?」

研二の決死の営業活動によって千雪を見ることになった北谷。

北谷はモデル業界には疎いですが、世界に名だたる映画監督であり、パリにも顔が効くということで研二がダメ元で営業をかけています。

現在の千雪のモデルにこだわる路線で考えるならば、映画女優にという流れは考えにくいですが、北谷がフランスの知り合いか何かに招待するということはあり得るかもしれません。

あるいはモデルへの近道としてやはり映画女優に抜擢して映画編への突入も無くはないかも?シャルロットと千雪の激突を目の前で見れば、北谷の心も動くでしょう。

まとめ

2020年5月13日発売の週刊少年マガジンより、ランウェイで笑って【140話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(確定次第更新します)

➡「ランウェイで笑って」のアニメや最新刊を無料で読む