サカモトデイズ

SAKAMOTO DAYS55話ネタバレ!まつりのあと

2021年1月24日発売の少年ジャンプより、「SAKAMOTO DAYS」55話についてネタバレをまとめました。

前回のあらすじ

スラーのサツレン襲撃は大きな爪痕を残しました。

爆発したビルの中でどれだけの人が亡くなってどれだけの人が助かったのでしょうか。

襲撃事件から数日が経って…。

SAKAMOTO DAYS54話のネタバレはこちら

SAKAMOTO DAYS55話ネタバレ!

襲撃事件から数日、坂本は一般患者と同じ病室に入院していました。

シンはお見舞いに来たのは良いのですがなかなか坂本に顔合わせる勇気がありませんでした。

それはこの間の襲撃事件で足を引っ張ってしまっていたからです。

せめてお見舞いに買ってきたフルーツだけ置いてこのまま帰ろうとしたところ、物騒な連中が坂本の病室に現れました。

それは南雲とヒョウでした。

ヒョウは唐突にスラーとコンタクトを取ったことを問い掛けています。

坂本はスラーの正体は有月だったと言うことを明かしました。

有月と南雲と坂本はJCC時代の同期だったのです。

ヒョウはあの時学校で目立っていたのは坂本達だけで、印象には残っていないと言っています。

ヒョウはそんなことを言いながらも正体がわかったのなら対応する手段があると病室を出て行こうとしていました。

坂本は帰り際の2人に、自分たちが持っている情報とスラーに関してORDERが持っている情報と交換しろと交渉をするのでした。

ヒョウはそれを聞いて坂本が横になっているマットを真っ二つに叩き折ってしまいます。

ヒョウは坂本が中途半端に首を突っ込んでくることがどうやら許せなかったようです。

それというのも坂本が中途半端に首を突っ込んで家族に危険な目がおよんだらどうするのかと言うことでした。

坂本はそれでも自分は父親としてひけない部分があると言い返しています。

2人が言い合っているのを見てシンも病室に突入してきました。

隙を見て坂本がヒョウをMRIに貼り付けにします。

ヒョウはJCCのデータバンクにアクセスをしろとアドバイスをしてくれるのでした。

SAKAMOTO DAYS55話の感想

今のジャンプを開いて真っ先に読む漫画はこの漫画かなと。

先週のジャンプを読んで続きが気になる漫画はSAKAMOTO DAYS位だったかな。

呪術も気になるといえば気になるけど、あれは実質ハンターハンターみたいなもんですからね。

で、スラーって中学生位の人はみんな聞いたことあると思うけどこれは音楽記号ですよね。

坂本商店とかもそうだけど登場人物がみんな音楽が来てるのかな。