親愛なる僕へ殺意を込めて

親愛なる僕へ殺意をこめて【84話】最新話ネタバレ感想|犯人は?京花の過去

こんにちは。2020年5月25日配信のコミックデイズより、親愛なる僕へ殺意をこめて【84話】を読みました。

83話では、エイジはLL事件では発覚している5人の被害者の他にもまだ被害者がいたことを指摘しました。

北海道で白菱を殺害した亀一は、S県ではまだ見つかっていないもう1人を殺害し、その死体を監禁場所によく忍び込んでいた幼少期の真明寺に目撃させてました。子供まで利用した完璧なアリバイ工作で亀一は警察の目を欺き続けていたのです。

それでは、この記事では、親愛なる僕へ殺意をこめて【84話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

親愛なる僕へ殺意をこめて【84話】最新話ネタバレあらすじ

小さかったエイジがここまでの推理を出来るようになったことに感心する亀一でしたが、まだエイジに「満点」をやることは出来ないと言って残っている疑問点を指摘し始めます。

エイジは血が出るほど唇をかみしめ、手元にあるナイフを握りしめていました。

亀一はまず、亀一に白菱凛を北海道に呼び出せるほどの関係性があるのかと聞きました。

エイジはその質問に答えるために、11月14日の話を始めます。

11月14日は京花が浦島家を訪ねた日です。

京花は写真や実物から亀一が頻繁に怪我をしていることを知って直感的に亀一が殺人鬼LLである可能性を疑ったとエイジは話します。

しかし亀一には北海道でのアリバイがあるため、LLのはずがないとエイジと同じ答えにたどり着きます。

しかし、京花にはオバタ・サチの存在がありました。

オバタ・サチとの接触で京花は亀一のアリバイを崩します。京花が残したオバタ・サチの電話番号によりエイジも同じ答えにたどり着くことが出来たのです。

そうなれば浮かび上がる疑問はどうやって京花がオバタ・サチの電話番号を手に入れたかです。

京花の残したメモはツギハギになっており、明らかに最近書かれたものではありませんでした。

さらに、筆跡も京花の物ではありません。そのことに気付いたエイジはこのメモの出所を探りました。

向かったのは京花の生家。

血だらけの家の隅々までエイジは手がかりを探します。

そして押し入れの中、木枠の隙間に小さな紙くずが挟まっているのを見つけます。

三角の紙くず。

それは電話番号が書かれたメモの角の破れた部分とぴったり合ったのです。エイジはこのメモが押し入れの中にあったと突き止めます。

母親からの虐待を受けて押し入れに閉じ込められていた京花。

エイジはその小さな自分だけの世界の中で京花がずっとその紙を隠していたのだと予想しました。

エイジの予想では、その紙をくれたのが京花の姉、白菱凛でした。

母親に見つからないようにメモを渡した白菱凛は、どうしようもなくなったら連絡をして、と京花に別れを告げたのです。

実際、筆跡は白菱凛のものと一致しました。京花と白菱凛が繋がりました。

話を聞いてなおも自分と白菱凛の関係についての説明を求める亀一。

エイジは15年前の白菱凛の失踪は北海道に逃げるために計画されたものであり、そのために亀一と八野衣真の力を借りたのだと言います。

➡「親愛なる僕へ殺意をこめて」を『試し読み』からいますぐチェック

親愛なる僕へ殺意をこめて【84話】感想

自身の罪を認めたと思いきや亀一はいつまで誤魔化し続けるのでしょうか。まさかこのまま実は亀一ではなかったという結果になるのではないかとひやひやしています。

ここにきて再び登場した京花の過去。京花の過去もここに繋がる伏線だったことを知りとても驚きました。

もともとLL事件のためにエイジに近付いた京花ですが、亀一の怪我から直感的に亀一がLLなのではないかと思った推理力はもはや探偵並。

エイジも京花も真明寺も、このマンガに出てくるキャラクターはIQが高すぎるのかな?と思いました。

親愛なる僕へ殺意をこめて【85話】考察予想

亀一と八野衣真が白菱凛逃走の手伝いをした、というエイジの推理。今回はここで終わりましたがそれではどうして白菱凛がこの2人を頼ったのかが気になるところです。

しかし警察の推理から白菱凛失踪の日時に八野衣真と白菱凛が一緒に居たことは既に確定している情報です。

八野衣真と亀一はもちろん繋がっているので、理由は定かではありませんが接触している可能性に関しては間違いないでしょう。

エイジの推理はあくまでも憶測ですが、きっと真実を突き止めているでしょう。

まとめ

2020年5月25日配信のコミックデイズより、親愛なる僕へ殺意をこめて【84話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

➡「親愛なる僕へ殺意をこめて」を『試し読み』からいますぐチェック