親愛なる僕へ殺意を込めて

親愛なる僕へ殺意をこめて【68話】最新話ネタバレあらすじ感想!

こんにちは。2019年12月2日配信のコミックDAYSより、親愛なる僕へ殺意をこめて【第68話】を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

67話では、猿渡が八野衣真を殺したことを知った桃井ですが、その事を猿渡に言うことは出来ませんでした。

さらに、自分を脅していたのが真ではなく花坂だと分かった桃井は花坂を殺してしまいます。どこで道を間違えたのかと頭を抱える桃井の背後に、死んだはずのエイジが立っていました。

➡「親愛なる僕へ殺意をこめて」の最新刊を試し読む

親愛なる僕へ殺意をこめて【68話】最新話ネタバレあらすじ

桃井の首にナイフを当てたエイジは、桃井から銃を奪うと桃井を解放します。

エイジが起き上がることを知っていた真明寺ですが、エイジが来るのが遅かったため少し心配したと言います。

エイジがどうして生きているのかと信じられない様子の桃井に、エイジは服をまくり上げて中に着込んでいる防弾チョッキを見せました。

エイジが真明寺に頼んでいた物ですが、セールで買った安物という事でエイジは衝撃で今まで気を失っていたようです。

どうして自分が裏切るとばれていたのか不思議でならない桃井。

その答えは非常にシンプルです。エイジは最初から、桃井も真明寺も誰も信用していなかったからです。

その事をなしにしても、初めから猿渡を捕まえさせようとする桃井に、エイジは違和感を感じていました。

桃井がエイジたちを殺して全てを隠蔽しようとしていたことは明らかです。

桃井たちの身勝手で父を殺されたエイジはもう怒りを抑えられず、桃井も猿渡もぶっ殺すと口にします。

その前に、エイジは父が冤罪だったのかと質問します。

桃井は、今でも八野衣真は冤罪だと信じていると答えます。続けてエイジは銃を構えながら、LLの正体に心当たりはあるかと質問します。

桃井はLLの正体を話すことで見逃してくれるのならば、八野衣真な冤罪証明と、LLの逮捕に協力すると答えます。桃井の言葉を聞いたエイジは、ここで2人を殺すことを決めます。

しかし次の瞬間、エイジめがけてパンプスが飛んで来ました。

エイジがパンプスを腕で跳ね返すと、桃井が突進してきていました。

親愛なる僕へ殺意をこめて【68話】感想

エイジは予想通り防弾チョッキを着込んでいました。ただ、安物だったために気を失ってしまったというのはなかなか凝っていて面白かったです。その後、父の死の真相に対してエイジが言葉を発したときのエイジの怒りの表情がとても印象的でした。あのまま感情的に銃をぶっぱなしてしまうのかと思いましたが、そこはさすがエイジ(B一)、とても冷静でした。最後に桃井が突っ込んできたシーンでエイジが笑っていたので、エイジの勝ちだと感じましたがまだわかりませんね。

親愛なる僕へ殺意をこめて【69話】考察予想

次回考えられる展開は数パターンあります。

①エイジがこのまま桃井を射殺。そして猿渡のことも殺す。
②桃井が撃たれる前に猿渡がエイジを撃って、銃を飛ばす。エイジ確保。
③エイジが桃井を射殺。猿渡と対峙。

①か③になるのではないかと考えています。桃井は撃たれてそのまま自分の死を受け入れると思うからです。

やっと罪から、悩みから解放される。刑事のまま死ねることを、桃井は心から喜ぶのではないでしょうか。とても悲しい結果になると思っています。

➡親愛なる僕へ殺意をこめて【69話】へ

まとめ

親愛なる僕へ殺意をこめて【第68話】のネタバレと感想&69話の考察予想についてまとめました。

➡「親愛なる僕へ殺意をこめて」の最新刊を試し読む