進撃の巨人

進撃の巨人【126話】ネタバレ考察!エレンは世界を滅ぼせるのか?!

こんにちは。2020年2月9日発売の別冊少年マガジンより、進撃の巨人【126話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

125話では、アニは目覚めヒッチを脅し父親がいる故郷への帰還を目指します。アルミンはガビとともにコニーからファルコを取り返しに向かいます。フロックは自身をエレンの代弁者とし、義勇兵を拘束しジャンにもう自由だと語りました。

コニーはファルコを後ろに乗せ馬で母の元へ目指します。そして車力の巨人のピークとマガトが超大型巨人の列を見ているとハンジが瀕死のリヴァイを連れて話しかけて来たのでした。

➡進撃の巨人【126話】確定はこちら

➡「進撃の巨人」のアニメ動画や最新刊を無料で読む

進撃の巨人【126話】最新話ネタバレ「ハンジが車力の巨人らに話しかけた目的は!?」

一番考えられるのは瀕死のリヴァイを復活させるために車力の巨人の持ち主であるピークをリヴァイに食べさせることです。

しかし問題はリヴァイを無垢の巨人に変身させないといけないことですが、そのための薬をハンジが用意できていたとは思えません。

もしかしたら義勇兵を通じて手に入れているかもしれませんが、普通は用意できないでしょう。

そこで思い返すのはユミルの死後、彼女の娘たちが彼女の死体をそのまま食べている姿で、もしかしたらハンジはピークの骨髄をリヴァイにそのまま飲ませる気ではないでしょうか。
でもハンジにピークとマガトを倒す戦闘力があるとは思えません。彼の手練手管に期待しています。

進撃の巨人【126話】最新話ネタバレ「コニーは顎の巨人を母に食べさせられるのか!?」

コニーは顎の巨人を継承したばかりで状況を飲み込めていないファルコを無垢の巨人である母親に食べさせて人間に戻す気です。

しかしファルコが状況を理解したり、あるいは過去の記憶を見るようなことがあればすぐに状況に気付きコニーは失敗するでしょう。

あとコニーの母は巨人化してもコニーにおかえりと声をかけたことがあるので、理性を持っていてファルコを食べることを拒否する可能性も高いです。

そして2人を追うのはアルミンとガビで、ファルコを助けるためにアルミンがコニーを殺す展開もありえます。

アルミンはマーレ側の巨人と協力するためファルコを助けるつもりで、そのためならコニーを切り捨てるでしょう。

➡「進撃の巨人」のアニメ動画や最新刊を無料で読む

進撃の巨人【126話】最新話ネタバレ「エレンは世界を滅ぼせるのか!?」

世界を滅ぼすと世界中のエルディア人に通知しましたが、本当にそうするのでしょうか、あるいはできるのでしょうか。

巨人は強力な兵器ですが、世界中は対巨人兵器を作っており、以前、鎧の巨人は艦船の砲撃一発で瀕死に追い込まれました。

それに巨人は徒歩移動なので航空機がある人類の方が機動力も優れていると思います。世界中の国々は協力して対エレン包囲網を敷き割と良い勝負をしていけるのではないでしょうか。

それで考えられるのは国家という枠組みが壊れて行き国連のような仕組みが出来て行くと思います。

最終的には知性型巨人はその国連のような組織の管理下に置かれ、エルディア人の巨人化は人権の問題から禁止されるようになるでしょう。エレンが滅ぼそうとした世界は国家や人種で対立する世界のことで、エレンの大暴れで世界は協調していくのだと思います。

まとめ

2020年2月9日発売の別冊少年マガジンより、進撃の巨人【126話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

進撃の巨人

進撃の巨人

「進撃の巨人」を無料で読むならU−NEXTがおすすめです。

初回31日間無料で利用でき、最初にもらえる600ポイントを使えば、「進撃の巨人」462円を1冊実質無料で読むことができるんです。いますぐチェックしてみてくださいね。