週刊少年マガジン

それでも歩は寄せてくる【95話】ネタバレ感想|修学旅行!奈良の大仏

こんにちは。ひらりです。

2021年2月24日発売の週刊少年マガジンより、それでも歩は寄せてくる【95局】を読みました。 

94話では、3年生修学旅行の前日。 センパイの家を夜分に訪問した歩は、旅行の無事を祈願してお守りを渡します。

4日間は会うことが出来ずに寂しいと語る歩は、不在の間に将棋の特訓で強くなるとセンパイに約束。

センパイも本当は少し寂しいのですが、照れてしまい言葉にすることが出来ません。 

それでは、この記事では、それでも歩は寄せてくる【95話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

それでも歩は寄せてくる【95話】最新話ネタバレあらすじ

修学旅行といえば、奈良といえば、やはり大仏。

初日は奈良を訪問するセンパイたち。

親友のマキのテンションは早くも盛り上がっています。

東大寺にある柱の穴くぐりを試そうとするマキ。

しかし、その豊満な体つきからお約束。

案の定、柱の出口が小さくて詰まってしまい、自力での脱出が不可能な状態に。

センパイが手を貸して何とか脱出に成功したマキは、ご利益ゲットと大喜びです。

修学旅行初日でリタイアかと大げさなマキは、胸がつっかえたと釈明。

センパイも一度は言ってみたいセリフです。

今度はセンパイに柱を抜けるように勧めます。

マキの後では恥ずかしい気持ちのセンパイでしたが、「小さいはかわいい」と大事なことなので二度も力説。

小さくて可愛いとマキは言いますが、以前に歩にも似たようなセリフを言われたことを思い出すセンパイ。

同じような言葉なのに歩の場合は照れてしまう。

どうしてだろうと思いながら、するっと柱をくぐり抜けてしまいました。

こうして無病息災と祈願成就のご利益を得て、次の目的地に向かう2人。

人生最後なので人生最高の修学旅行にしようと話すマキ。

それでもセンパイは歩が寂しがっていないかと、やはり気になるようです。

マキに本音を見透かされて、慌ててお土産のことを考えていたと必死に誤魔化すセンパイ。

そんな様子を見たマキは、明日から予定を変更して恋愛成就のスポット巡りをしようと提案します。

全然分かっていないと反論するセンパイでしたが、任せてとあくまでもマイペース。

試練の4日間が始まりました。 

それでも歩は寄せてくる【95話】感想

コロナ禍の昨今で修学旅行の中止が多い中、王道である奈良の大仏から始まった95局。

マキにしてみれば、うるしことセンパイが小さいことをネタにするのはお約束の流れです。

マキの言うとおり、小さいことは正義でありかわいいことには間違いないのですが、歩に言われると照れてしまうセンパイ。

本人も気付かないうちに歩の存在が大きくなっているようです。

ところで華奢な躯体のキャラが多い山本作品の中では、ワガママボディの持ち主であるマキ。

胸がつかえて通れないなど、ベタ過ぎる展開でした。 

それでも歩は寄せてくる【96話】考察予想

修学旅行は満喫しつつも、無意識のうちに歩のことを考えているセンパイ。

マキには一生懸命弁明をしますが、その心情は全てお見通しのようです。

最後にして最高の修学旅行にしようと言いながらも、恋愛成就のスポット巡りを提案するマキ。

親友想いならではの行動か、はたまた単なる興味本位かは、天然キャラであるマキの表情からは読み取ることはできません。

ともかく、初日の予定が終わった後の自由時間で、センパイと歩が連絡を取り合うと思われるので、どのような会話をするのか楽しみです。 

まとめ

この記事では、それでも歩は寄せてくる【95話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶最新の「週刊少年マガジン」を無料で読む