男性向けまんが

新テニスの王子様【284/285/286話】最新話ネタバレ感想!鬼の十字のガット

こんにちは。2020年1月4日発売のジャンプSQより、新テニスの王子様【284話、285話、286話】を読みましたのでご紹介します。

前話では、覚醒して究極の品質となったQ.Pとの試合が続く鬼。そして、彼のサーブで鬼は右手首を鬼は骨折してしまいます。

痛みに耐えながらテーピングで右手とラケットを固定して試合を継続する鬼でしたが、最後に打ち返そうとした瞬間ガットが切れ残ったのは十字となった2本だけ残りました。

➡「新テニスの王子様」の最新刊を無料で読む

新テニスの王子様【284話】最新話ネタバレあらすじ

十字の2本ガットだけが残った鬼のラケット。

そのラケットはワイヤー入りの特注だったため切れませんでした。

打ち返したボールがQ.Pのコートに落ちようとしてボールを追いかけるQ.P。

しかし、回転しているボールを見て突如追いかけるのをやめてしまいます。

審判はインの判定をしますが、Q.Pはチャレンジを申請します。

チャレンジを申請したことに驚く観客たち。

そして、映像の結果、判定が覆りアウトとなってしまいます。

その結果試合終了となり、1試合目はドイツが勝利するのでした。

新テニスの王子様【285話】最新話ネタバレあらすじ

鬼が負けてしまいまし平等院は鬼を非難しますが中学生たちは落ち込んでいませんでした。

むしろ、やる気に満ちた表情をしています。

一方のQ.Pは監督になぜチャレンジを申請したのか問われていました。

彼の答えは回転数が足りなかったという答えに驚いていました。

続いて2試合目はシュナイダー&ボルクペア対デューク&仁王。

ドイツのプロ相手に中学生を投入したことを非難されてしまいますが、仁王がコートに入った瞬間に周りは驚きます。

なぜなら、平等院の姿があったからでした。

新テニスの王子様【286話】最新話ネタバレあらすじ

コートに入った仁王は平等院の姿。

それは彼のイリュージョンの力で平等院になりきっていました。

試合が始まり、最初は仁王のサーブ。

彼のサーブで本物の平等院が出す骸骨のオーラが出ています。

骸骨に圧倒されるシュナイダー。

そしてその骸骨になすすべなく、いつの間にか日本が1ゲーム先制します。

観客は仁王が演じる平等院のすごさに驚いています。

しかし、リョーマたちが驚いていたのは仁王のイリュージョンの能力がレベルアップしていたことでした。

新テニスの王子様【284/285/286話】を読んだ感想

久しぶり登場した鬼の十字のガット。以前桃城と勝負した際も十字のガットでしたが、そのガットも特注品だったのだと思いますが、ワイヤーを入れるというのはルール上ありなのでしょうか。

続いてはQ.Pのジャッジも回転数でアウトとか何を根拠にと思いました。そして、仁王が平等院にイリュージョンしていたことについてですが、跡部とのダブルスの試合で手塚になって腕を負傷していましたが、それは完治したという事でいいのでしょうか?

このようにいろいろツッコミどころが満載でしたが、テニスの王子様はなんでもありなのでそこは気にせずに読むべきだと思いました。

新テニスの王子様【287話】次話考察予想

本作は1月あたり2~3話あるので次月も複数話あるのだと思います。そして、今までの状況から行くと1ゲーム目終わるとこで次回は終わるのだ思います。

仮に進んで2セット目になる場合は日本が先制して2セット目はドイツが圧倒するという展開になると想定されます。

そして、気になるのが仁王について。平等院にイリュージョンで演じています、この先本人が放つことができるあの光る弾も打つのかが楽しみです。

しかし、手塚を演じた時もそうですが、仁王本人が自分の能力で負傷しないかという点が気になります。

まとめ

2020年1月4日発売のジャンプSQより、新テニスの王子様【284話、285話、286話】のネタバレと287話以降の考察予想についてまとめました。

➡「新テニスの王子様」の最新刊を無料で読む