東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ【141話】最新話ネタバレあらすじ感想|Lay out a plan

こんにちは。2020年1月15日発売の週刊少年マガジンより、東京卍リベンジャーズ【141話】「Lay out a plan」を読みましたのでご紹介します。

140話では、伍番隊隊長であるムーチョに拉致された武道。ムーチョは黒川イザナたちと同じ、〝S62世代〟の1人でした。

自分は天竺の創設メンバーであるムーチョ・・・。その言葉の真意は・・・ムーチョが天竺側についたということです。

➡「東京卍リベンジャーズ」の最新刊を無料で読む

東京卍リベンジャーズ【141話】最新話ネタバレあらすじ

ムーチョは東卍を裏切って天竺につく。

そのことは分かりましたが、3人を拉致した理由が武道には分かりません。

今ムーチョに拉致されているのは、武道、乾、九井の3人です。

ムーチョの企みがわぁらない武道は、単刀直入に目的を尋ねました。ムーチョの答えは・・・イザナの狙いは、マイキーだけではない。

さらに、3人を拉致した理由を話し始めます。

その根本の理由は・・・九井にありました。

かつて、少年院から出てきた乾は、黒龍の衰退を知ります。そこで、黒龍を復活させるために選んだのが、10代目黒龍総長、柴大寿でした。

乾は大寿の〝力〟をつかい、黒龍を復活させたのです。

黒龍の復活に力を貸す。

大寿はその見返りとして、九井の黒龍入りを要求しました。

その理由は・・・九井は金を生み出す天才だから・・・。

10代目黒龍の〝財力〟は、大寿ではなく九井の力だったのです。

そして今、その〝財力〟をイザナは欲している。

天竺としては、九井を仲間に加えたいのです。

しかし、何故か九井は乾の言うことしか聞きません。

その乾は今、武道の下にいる。そこで、ムーチョはこの3人を拉致したのでした。

天竺の仲間にならなければ、ここで武道と乾を殺すと話すムーチョ。

イザナの野望は、九井の〝財力〟。稀咲の〝ブレーン〟。マイキーの〝カリスマ性〟。この3つを使って、最強の〝犯罪組織〟を創ることだと九井を脅しました。

2人の命を天秤にかけられ、言葉を詰まらせる九井。

その時・・・武道が口を開きます。

こんなクソ野郎の言うことは聞く必要がない。

九井にそう話す武道は・・・。

壱番隊の隊員は、誰にも渡さないと断言するのでした。

東京卍リベンジャーズ【141話】感想

ついに武道が勝機を見出しました。それは、九井を守ることです。現代の東京卍會は、まさに最強の〝犯罪組織〟となっています。

その力の源は、やはり〝財力〟。ここで武道が九井を守れば、本当の仲間にすることができれば・・・。未来は変わるかもしれません!

危機的な状況であることは全く変わっていませんが、武道は希望に満ちた目をしていました。武道の言葉と行動を見た九井にも、心の変化が見られそうです。どうやってこの危機を乗り越えるのか・・・。次回が楽しみです!

東京卍リベンジャーズ【142話】考察予想

次回、武道が反撃を開始しそうです。と言っても、武道がムーチョに勝てるはずがありません。

考えられるのは、千冬たちが助けに来ることですね。さらに、ドラケンやマイキーの助けもあるかもしれません。

ムーチョが裏切った。そのことは、東卍にとっても大問題。総長と副総長が動くには十分な理由です。

武道の行動に心打たれた九井と乾は、本当の意味で壱番隊に入ることになりそうです。乾の言うことしか聞かなかった九井も、今後は武道を慕いそうですね!

➡『東京卍リベンジャーズ』142話へ

まとめ

2020年1月15日発売の週刊少年マガジンより、東京卍リベンジャーズ【141話】「Lay out a plan」のネタバレと142話考察予想についてまとめました。

➡「東京卍リベンジャーズ」の最新刊を無料で読む