東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ【142話】最新話ネタバレあらすじ感想!

こんにちは。2020年1月22日発売の週刊少年マガジンより、東京卍リベンジャーズ【142話】を読みましたのでご紹介します。

141話では、ムーチョの狙いは九井の財力で、さらに稀咲・マイキーも必要でイザナと犯罪組織を作ることでした。

その発言でタケミチは現代で常に九井がいたことを思い出し、九井を守ることが重要だと思います。そして、タケミチはムーチョに立ち向かおうとするのでした。

➡『東京卍リベンジャーズ』最新刊を無料で読む

東京卍リベンジャーズ【142話】最新話ネタバレあらすじ

ムーチョに立ち向かおうとするタケミチ。しかし、負け戦だと忠告するもののタケミチは反論します。

その言葉に何かを感じた乾。

タケミチは深呼吸をして大声でムーチョに向かって突進します。しかし、タケミチが次のページでいたのはゴミ捨て場で隣にいたのは乾だけでした。

タケミチが思い出したのはムーチョと交戦中のことでした。

ムーチョに胸ぐらをつかまれているタケミチに対し加勢することを決めた乾。

しかし、ムーチョに敵わずボコボコニされる乾とタケミチ。

2人がボコボコのされる姿を見るのに耐えられなくなり、九井はムーチョについていくことを決断したのでした。

乾を背負って街中を歩くタケミチ。

九井を守れなかったことを悔やむ乾、そしてそんな彼を励ますタケミチ。

そのまま話を続けるタケミチ。

彼は乾と九井のことを悪く思っていましたが、今回の事で考えが変わりいい印象を持ちました。

九井を助けることを決め乾を安心させようとしますが、その方法を気になっていた乾。

しかし、ノープランだったので乾は笑うのでした。

そして、乾は彼のアジトにタケミチを連れていきます。

そこに治療しているタケミチに語り始める乾。

黒龍再興したいという事や九井の為であれば命を懸けることができるという事。

語り終えた乾は突然タケミチに土下座のような姿勢を取ります。

彼が言ったの事はタケミチのために命を捧げることと11代目の黒龍総長になってほしいという事でした。

頼み込んでた乾の手は震え、涙を流していた乾の表情と発言にタケミチは驚くのでした。

東京卍リベンジャーズ【142話】感想

ムーチョに立ち向かったものの結局敗北してしまい、仲間の九井を奪われてしまったタケミチ。

他の漫画でもありそうな強敵に向かうものの負けてしまい仲間を奪われてしまうというベタな展開と思ってしまいましたが、これはこれでアリだと思いました。

ここで九井を守り抜くのもいいですが、奪還のほうが未来をよくするという結果がよく見えると思いまいた。

また、前回は乾の心を動かしましたが、今回は乾の心を動かした回になったと思います。
それが、乾の最後の涙だったのではないかと思いました。

東京卍リベンジャーズ【143話】考察予想

今回の最後が乾のタケミチへの黒龍の総長になってほしいという頼むという状況でした。そのことから、まずはタケミチが乾に驚いて話すという事になると思います。

例えば「なぜ自分(オレ)が」というようなセリフで始まるのだと思います。そして、乾がなぜそう思ったのかより具体的に話が展開されると予想しています。

しかし、いきなり言われたいうことで東京卍會のメンバーにそれは伝えないといけないと思うので、千冬やマイキーに相談するところで終わると思います。

➡東京卍リベンジャーズ【143話】へ

まとめ

2020年1月22日発売の週刊少年マガジンより、東京卍リベンジャーズ【142話】のネタバレと143話の考察予想についてまとめました。

➡『東京卍リベンジャーズ』最新刊を無料で読む