東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ【151話】最新話ネタバレ感想!エマの死を受け入れられない

こんにちは。2020年3月25日発売の週刊少年マガジンより、東京卍リベンジャーズ【151話】「Just do it」を読みましたのでご紹介します。

150話では、稀咲の手によって命を落としたエマ。死人のような目をして気力を失ったマイキーに、ドラ怒りをぶつけます。

最初はドラケンを止めていた武道ですが、愛する人を失う辛さは誰よりも分かっている・・・。思い描いた現代には戻れないと、武道は悟るのでした。

➡「週刊少年マガジン」の最新刊を無料で読む

東京卍リベンジャーズ【151話】最新話ネタバレあらすじ

いつもの神社で集合する東卍のメンバーたち。

もう日が暮れて、天竺との決戦が迫っています。

それにも関わらず、マイキーや武道の姿はありません。

そこに現れたのは、乾。武道の所在を尋ねる千冬に、乾は事情を話し始めるのでした。

一方、病院ではうなだれるマイキーの姿があります。

そんなマイキーの前に立ち、話しかける武道。

エマの死を受け入れられないマイキーの気持ちを分かった上で、天竺との決戦について語り始めます。

東卍のメンバーは、マイキーの号令がないと動けない・・・。

武道がそう話しても、マイキーは全く反応しません。

そこで、エマを殺したのは稀咲だと武道は話し始めました。悪知恵を働かせ、稀咲は捕まらない。

そこまで話すと、武道は1人でも天竺と戦うと言い残し、マイキーの下を去ります。

自分だけでも前に進む・・・武道はそう決めたのです。

そんな武道は、エマの眠る部屋へと向かいました。

今その部屋で泣いているのは、ヒナ。ヒナを励まそうとした武道は、指に顔を描いてふざけた話をします。

壁から指先を出してふざける武道。その様子を見たヒナは、不謹慎だと怒り始めます。

しかし、武道の表情を見て黙ります。

武道は、目に涙を溜めていたのです。

今までいろんなことから逃げてきた武道。

エマの死さえ知らなかった自分を、攻めているのです。

しかし、今は自分の出来ることをやる・・・。

ヒナの笑顔を守るため、武道は覚悟を決めました。たとえ・・・驚異の地を落としたとしても・・・。

東京卍リベンジャーズ【151話】感想

エマの死によって戦意を失うドラケンとマイキー。まだヒナを失っていない武道は、ヒナを救うために動き始めます。単純に考えた戦力としては、東京卍會は天竺には適いません。

隊長たちは武道以外不在。マイキーとドラケンも不在・・・。そんな状況で勝ち目はないでしょう。

それを分かっているからこそ、武道は命をかけると言ったのではないでようか。ヒナを慰める武道の優しさと強さ。今回の天竺戦で、武道はどういった活躍を見せるのでしょうか!?

東京卍リベンジャーズ【152話】考察予想

次回、いよいよ天竺との抗争が始まりそうです。武道が東卍に合流し、壱番隊だけでも天竺との戦いに挑むのではないでしょうか。

単純に考えれば、勝ち目のない東卍ですが、キーマンは鶴蝶だと予想します。モッチーが鶴蝶を敵対ししていたことから、かなりの強さであることは間違いありません。

〝喧嘩屋〟という異名を持つ鶴蝶の存在が大きいとは予想しますが、それだけでは勝てない・・・。武道の姿を見て、マイキーを復活させるのではないでしょうか!!

➡東京卍リベンジャーズ【152話】へ

まとめ

2020年3月25日発売の週刊少年マガジンより、東京卍リベンジャーズ【151話】「Just do it」のネタバレと感想&152話の考察予想についてまとめました。

➡「週刊少年マガジン」の最新刊を無料で読む