東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ【157話】ネタバレ考察!千冬対望月の決着はいかに!

こんにちは。2020年5月13日発売の週刊少年マガジンより、東京卍リベンジャーズ【157話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(157話確定記事はこちら

156話では、総長であるマイキーが不在の中、東卍のメンバーは天竺との抗争に挑みます。魁戦で快勝を得た東卍でしたが、イザナのけた外れの力によってぺーやんが倒されてしまいます。

始まって抗争で、東卍の副隊長たちは極悪の世代と呼ばれる天竺の幹部と対峙するのでした。

東京卍リベンジャーズ【157話】ネタバレ「千冬対望月の決着はいかに」

以前、東卍のナワバリに乗り込んできた望月にボコボコにされてしまった千冬。そのリベンジをするかのようにタケミチに代わって望月と対峙しました。

しかし千冬と望月にはあまりにも体格の差があります。絶対的に千冬が不利の中、どうやって望月に勝利するかが見どころになってくるのではないでしょうか。

千冬の素早さを生かして望月を翻弄しながら、トリッキーな作戦で倒すことができればいいのですが、かなりの苦戦を強いられるのではないでしょうか。

東京卍リベンジャーズ【157話】ネタバレ「乾の前に立ちふさがったココの心中は?」

ココを取り戻すために天竺との戦いに挑んだ乾。その乾の眼前にはココ本人が立ちふさがりました。

心から天竺に従っているわけではないと考えられますが、東卍を裏切った武藤も近くで見張っている感じですし、ココ対乾の構図は避けられない展開になりそうです。

ココが相手では乾は存分に戦うことができないと思うのですが、何とか説得して再度東卍の仲間として戻ってくるような展開が望めればと思います。

その為には武藤を倒さなければいけないと考えます。

➡「週刊少年マガジン」の最新版を無料で読む

東京卍リベンジャーズ【157話】ネタバレ「タケミチと鶴蝶の戦いは?」

タケミチの前に立ちふさがった鶴蝶。イザナを救ってほしいとかつてタケミチに行っていた鶴蝶ですが、イザナの言葉には逆らえずにタケミチと対峙したような様子が見受けられます。

イザナや稀咲にたどり着く前に、体力を削られるわけにはいかないタケミチですが、なんとか鶴蝶を説得するような展開もありえるかもしれませんね。

その過程で、タケミチと鶴蝶の幼なじみの時の過去の話も明かされるかもしれません。タケミチの強さが何から生じたものなのかわかるかもしれませんね。

まとめ

2020年5月13日発売の週刊少年マガジンより、東京卍リベンジャーズ【157話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(157話確定記事はこちら

➡「東京卍リベンジャーズ」の最新刊を無料で読む