東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ【189話】最新話ネタバレ感想|解散宣言!決断の理由!

こんにちは。ひらりです。

2021年1月13日発売の週刊少年マガジンより、東京卍リベンジャーズ【189話】「Break up」を読みました。

188話では、武道を呼び出し、未来から来て今までやってきたことを教えて欲しいと話すマイキー。武道はその言葉に応え、すべてを打ち明けます。

話をしている間、黙って聞き続けていたマイキーは・・・仲間を集め、あることを告げるのでした。

それでは、この記事では、東京卍リベンジャーズ【189話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

最新の「週刊少年マガジン」を無料で読む

東京卍リベンジャーズ【189話】最新話ネタバレあらすじ

天竺を倒し、まさに最強のチームとなった東京卍會。

その絶頂の中・・・マイキーは、解散を宣言したのです!!

マイキーの言葉に、唖然とする武道。

神社に集まった仲間たちも、口を開けて驚愕しています。

そんな中、口を開いたのはドラケンでした。

突然の解散宣言に、ドラケンは食って掛かったのです。

しかし・・・何も答えず、武道を呼ぶマイキー。

目の前に立つ武道に向かって、未来を変える為にはこの選択が正解だと話しました。

続いてマイキーが呼んだのは、弐番隊隊長の三ツ谷。

三ツ谷のお陰で今の東卍があると話し・・・。

マイキーは参番隊隊長代理のぺーやんを呼びました。

ぱーちんに代わって、最高の隊長代理を努めた・・・。

そう話し、マイキーは肆番隊隊長のナホヤに声をかけます。

続いて名前が上がったのは、刑務所に入っているむーちょ。

伍番隊の隊長を努めたむーちょにも感謝を示したマイキーは・・・。

最後に、ドラケンの名を呼びました。

マイキーの前に立つと、クソわがままだと言い始めるドラケン。

天上天下唯我独尊だと、マイキーのことを責めます。

しかし・・・自分達は、そのカリスマ性に惹かれたと続けました。

最後には、総長の決断に異論はないと叫びます!!

ドラケンは解散を受け入れ、認められることとなったマイキーの意志。

マイキーは仲間を見渡し、最後に叫びました。

最高の日はいつか終わる・・・。

でも、東卍は皆の心の中に!!

その日、いつもの神社では鳴りやまない東卍コールが響き続きました。

東京卍リベンジャーズ【189話】感想

突然、解散宣言をしたマイキー。この決断の理由は、武道にあります。

武道が未来のことを語り、マイキーは東卍が空くの組織になると気が付いたのでしょう!

エマの死によって、悲しみに飲まれかけたマイキー・・・。他の人々まで、そんな思いにさせる組織が未来の東卍です。

それを阻止するためには、チームの解散が1番!!

マイキーは、自分が作り上げた最高のチームの解散を選択しました。これぞ、マイキーという男ですね!!

次回からの展開が気になります。

東京卍リベンジャーズ【190話】考察予想

東京卍會の解散で、幕を閉じた189話。次回からは、新展開となりそうです。武道は、1度未来に帰るのでしょうか!?

直人との握手を、試す可能性はあると思います。もしくは、新たな課題に直面するのかもしれません。

稀咲の残した言葉の真実は、未だ明らかにならず・・・。何かの秘密に、武道はぶち当たる可能性があります。

引き続きマイキーやドラケンは登場すると思いますが、やはり相棒は千冬でしょう!千冬と共に、新たな戦いが始まると予想します!

東京卍リベンジャーズ【190話】へ

まとめ

この記事では、東京卍リベンジャーズ【189話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「東京卍リベンジャーズ」の漫画を1冊無料で読む