東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ【219話】最新話ネタバレ確定|不吉な未来は三天戦争?

こんにちは。ひらりです。

2021年8月25日発売の週刊少年マガジンより、東京卍リベンジャーズ【219話】「A sense of foreboding」を読みました。

218話では、武道が梵の集会に初めて参加しました。

千咒はそこで7月14日、三天戦争を起こすことを宣言します。

集会の時に見た千咒は先日一緒に買い物をした千咒とは全くの別人のようだと武道が考えていると、千咒が武道の家にやってきました。

それでは、この記事では、東京卍リベンジャーズ【219話】の考察・展開予想とネタバレ確定&感想についてまとめました。

東京卍リベンジャーズ

東京リベンジャーズ アニメ
東京卍リベンジャーズを読むならU-NEXTがおすすめです!初回31日間無料ですので1冊無料で読めちゃいます。さらにアニメも見放題作品ですので0円で視聴できちゃいます(ただし無料期間内限定です)

▶東京卍リベンジャーズを1冊無料で読む

▶東京リベンジャーズのアニメを無料で視聴する

東京卍リベンジャーズ【219話】最新話ネタバレ「不吉な未来は三天戦争?」

戦争というと、関東卍會、六波羅単代のそれぞれに戦いを挑むというよりは、一か所に集まり三つ巴の戦いを繰り広げることを想像します。

つまり、とてつもなく大きな抗争になるのです。武道が見た千咒の倒れる未来は、この三天戦争での姿なのでしょうか?

これから千咒とデートという名のお出かけをする武道は、そこで千咒の想いを聞き、三天戦争が鍵になることを確信します。

不吉な未来は変えた方が良いと考えた武道はどうにか千咒が無事な未来を迎えられるように模索しますが全くの見当違いになってしまうかもしれません。

東京卍リベンジャーズ【219話】最新話ネタバレ「裏切り者がいる?」

千咒が倒れていた映像ですが、あれは恐らく千咒が死ぬ未来を意味しています。

三天戦争がその引き金になると予想して対策を練る武道ですが、三天戦争を止めることは出来ないと分かりかなり葛藤します。

しかし上で見当違いと予想した理由は、千咒が集会で三天戦争の宣言をした際に描かれた明司とドラケンの表情が気になったからです。

ドラケンは関東卍會を潰すことが出来ればそれでいいと思うのでおそらく違いますが、明司は千咒を裏切り貶める可能性があります。

実の兄がそんなことをするかと思いがちですが、三途が別チームで対立していることを踏まえると、ありえない話ではありません。

東京卍リベンジャーズ【219話】最新話ネタバレ「日向にばったり!勘違いした日向が激怒!!」

集会が終わって千咒が来た時にはもう夜ですが、なんだか日向にあってしまうような気がします。

千咒は梵の特攻服を着ていますが、もしも脱いでまたセーラー服になったとしたら誤解されてしまうこと間違いなしです。

前回の買い物の際に、千咒はどことなく武道のことを好きになったように感じました。

日向という彼女がいることを知った時、バチバチになるかからかうかのどちらかになるでしょう。

どちらにしても武道と日向は喧嘩状態になってしまうのです。

東京卍リベンジャーズ【219話】最新話ネタバレ確定「A sense of foreboding」

集会後家に帰った武道を誘いに来た千咒は、武道を遊園地に連れてきていました。

相談があると言われてついてきた武道は少し呆れ気味ですが、千咒はずっと来たかったと無邪気に笑います。

千咒は動きやすいという理由で梵の特攻服を着たままです。

遊園地の中に入ると小2以来の煌めきに感動する千咒は、観覧車、メリーゴーランドに乗り無邪気に喜んでいました。

武道は千咒が本当に三天戦争を始めようと思っている人物なのか怪しく感じます。それほどに千咒はつかみどころがないのです。

ジェットコースターに並んで乗った時、千咒は三天戦争のことを話し始めました。

武道とドラケンが関東卍會、千咒と明司が六波羅単代に乗り込む予定を立てていますが、千咒の本心は自分1人の力で全てを解決し、自分が一番になりたいというものです。

ジェットコースターが急降下して絶叫する武道の横で、千咒は話し続けます。

千咒は明司が変わったと感じていました。

以前は梵を強くすることが目的、しかし今は大きくすることの方が大事だと感じているようです。

大きくなりすぎるとその分人を巻き込み、不幸になる人も出てくると思う千咒は、これ以上梵が大きくなる前に1番になってしまおうとしているのです。

ジェットコースターを降りると、元気な千咒は短冊を見つけました。この日は七夕です。

千咒はふらふらの武道を連れて短冊の方に行くと願い事を書きました。

武道の願いはマイキー倒すこと、その願いを笑う千咒の短冊には武道を守ると書かれています。

無邪気に笑うと千咒は照れくさそうに、友だちだと思っていいかと武道に聞きます。

勿論だと笑顔で答える武道は千咒に手を差し出し、自分も千咒を守ると言いました。

千咒の方が強いためいらない約束ですが、それでも嬉しかった千咒は武道の手を握りました。

その時武道の頭に千咒が殺されるビジョンがまた流れ込んできます。その場所が遊園地であることまでは分かりましたが、やはり詳しいことは分かりません。

その時雨が降り始めました。

遊園地、雨、そして約束と3つのキーワードから、ビジョンが示している未来が今日であると武道は確信しました。

東京卍リベンジャーズ【219話】感想

千咒とのデートは遊園地でした。しかしデートと言っても恋愛っぽいことは一切なく、千咒はやはり友達が欲しかっただけのようです。

千咒のことは知れば知るほどかわいくて、強い素敵なキャラだと感じどんどん好きになっていきます。

特に照れくさそうに友達だと確認するところが最高です。

千咒の中には稀咲と出会う前のマイキーと同じような何かを感じます。それが何かは分かりませんが、やはり信念を持っているところが似ているのでしょうか。

▷東京卍リベンジャーズ【220話】へ

まとめ

この記事では、東京卍リベンジャーズ【219話】の考察・展開予想とネタバレ確定&感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「週刊少年マガジン」を1冊無料で読めちゃうのはこちら