東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ238話ネタバレ最新確定と感想は?新しい仲間、ドラケンの意思を組む三ツ屋

2022年1月19日発売の週刊少年マガジンに、東京卍リベンジャーズ238話が掲載されます。

237話では、千冬の次に声を掛けたのは八戒。

八戒はタケミチたちが驚くほどすぐさまチームに入ることを了承します。 その後はイヌピーの元へ。

今はやめたほうがいいと千冬は逃げ腰ですが、タケミチは意を決してバイク屋へ。 タケミチは関東卍會を倒すチームだとイヌピーを誘います。

誘われたイヌピーはクロのいい人を見つけたなという言葉を思い出し、タケミチの誘いを受け入れます。

それでは、この記事では、東京卍リベンジャーズ238話のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

▼登録簡単!無料で読むならU-NEXT▼

U-NEXTがおすすめな理由

U-NEXT アニメ 無料

初回限定31日間無料

漫画ランキング▶こちら

今話題のアニメ▶こちら

▼今すぐチェック▼

▼月額課金制に不安を感じるなら「まんが王国」▼

まんが王国がおすすめな理由

月額課金制だと解約するのをうっかり忘れて利用しないまま数ヶ月・・・そんなことはありませんか?

そんな不安から解消!

毎日最大50%オフでお得!無料漫画・電子コミックが3000作品以上!1冊丸ごと無料期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信されているから!

▼3000冊以上無料で読めちゃう▼

東京卍リベンジャーズ238話ネタバレ考察予想「チームに足りないもの」

前回八戒、イヌピーをチームに入れたタケミチ。

チームも4人となりましたが、まだまだ少ないのでチーム集めはしそうですが、そろそろトントン拍子にメンバーが集まりにくくなっていくと思います。

メンバーもそろそろ頭のいい、参戦を考えられるような参謀がほしいところだと思うのですが、タケミチは誰の元へ向かうのでしょうか。

東京卍リベンジャーズ238話ネタバレ最新確定「Really into it」

タケミチは真剣な顔で3人に今サウザンドウィンターズに足りていないのは、センスと参謀だと言います。

八戒は間違いないと言いますが、千冬は頭にハテナマーク。

参謀は分かるけど、センスて何?と聞いてきます。

その答えに詰まるタケミチ。

八戒はこいつ自分のクソセンスに気付いていないのかとあんぐりしています。

タケミチは立ち上がり、とにかく頭脳明晰でセンスがある人と言えばただ1人と声を掛けます。

八戒はピンときて、それは自分の尊敬する人かと聞くと、タケミチはあの人を何としても仲間にしたいと言います。

全員輪になり、忙しいけど頼み込めばいけるはずと結束し、家へと向かいます。

向かった先は三ツ谷のアパート。

八戒が外から大きな声でタカちゃんあーそーぼーと叫びます。

昔からこうやって呼んでいたと話します。

すると中から妹のルナが顔をヒョコッと覗かせ、シィーと言います。

そして、お兄ちゃんは今大変なときなのだと伝えます。

大変なとき?タケミチがルナに聞くと、三ツ谷は今日本服飾文化新人賞に向けて取り組んでいると言います。

新人デザイナーの登竜門のような大会です。

大会を一週間後に控え、追い込みをかけてると言っています。

しかし八戒は三ツ谷が大会とか賞とかそういったことが嫌いだったと記憶しています。

ルナはドラケンのことがあったでしょと言いづらそうに話します。

あれから三ツ谷はずーと閉じこもって、ご飯も食べないで服を作っているのだと言います。

悲しそうなルナにタケミチは三ツ谷に会えないかとお願いします。

部屋では取り憑かれたように、ひたすら紙に描き出している三ツ谷。

タケミチは唾を飲み込み、三ツ谷君と声を掛けます。

すると、タケミっちと返ってきます。

そのまま公園でブランコに座るタケミチと三ツ谷。 後ろから千冬、イヌピー、八戒が見ています。

八戒は痩せた三ツ谷を見て、泣きそうです。

三ツ谷は何しに来たのかと口を開きます。

それに、タケミチはマイキーと戦うからチームを創ったこと、そのために三ツ谷にチームに入って欲しいことを伝えます。

すると三ツ谷はドラケンに見せてやりたいと、過去の話を始めます。 雪が降っていた日のこと。

久しぶりにドラケンに声を掛けた三ツ谷。

ドラケンは三ツ谷に服は上手く行っているのかと聞きます。

ぼちぼちだと返事をし、ドラケンにバイク屋はどうかと聞き返します。

それにドラケンは儲からないけど、イヌピーとほそぼそやっていると答えます。

すると突然大きな声を出し、東卍じゃない自分に慣れたのか?と聞き、自分は東卍じゃない自分に慣れないから不良に戻ろうと思うと話し出します。

そして、三ツ屋に自分はマイキーを引きずって生きるから、三ツ屋は絶対にデザイナーになれと伝えます。

それを聞いたタケミチの目からは涙が出てきます。

だから三ツ屋はデザイナーの道を急いでいるのだと。

そして、後ろで見守っていた3人に三ツ屋は誘えない、夢を応援しようと言います。

1週間後。

日本服飾文化新人賞の会場にサウザンドウィンターズのメンバーは集まりました。

タケミチはいよいよだとワクワクしています。 

東京卍リベンジャーズ238話感想

ドラケンの死が三ツ屋を嫌いだったデザイナーの賞へと駆り立てたのだと思うと、タケミチ同様涙が出てきます。

ドラケンの存在は大きいですね。

今回はチームのメンバーにはならなかった三ツ屋ですが、どこかでまたサウザンドウィンターズの仲間になって欲しいなぁと思います。

センスと参謀を同時に入手できなかったタケミチですが、これほどのものを兼ね備えたメンバーは現れるのでしょうか。

まとめ

この記事では、東京卍リベンジャーズ238話のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。

ぜひ漫画をチェックしてみてください。

東京卍リベンジャーズ

東京リベンジャーズ アニメ
東京卍リベンジャーズを読むならU-NEXTがおすすめです!初回31日間無料ですので1冊無料で読めちゃいます。さらにアニメも見放題作品ですので0円で視聴できちゃいます(ただし無料期間内限定です)

▶東京卍リベンジャーズを1冊無料で読む

▶東京リベンジャーズのアニメを無料で視聴する