東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ239話ネタバレ最新確定と感想は?三ツ谷は新人賞をとることができるのか?

2022年1月26日発売の週刊少年マガジンに、東京卍リベンジャーズ239話が掲載されます。

238話では、新しいメンバーの勧誘に乗り出すサウザンドウィンターズの4人。

タケミチはこのチームにないセンスと頭脳が欲しいということで三ツ谷の勧誘に行きます。

しかし三ツ谷はドラケンとの約束であるデザイナーになるため、一心不乱でコンテストに出す服を作っていました。

そんな三ツ谷を見たらチームには誘えないと言うタケミチ。

コンテスト当日、タケミチたちは三ツ谷を見守るため、会場へと向かいます。

それでは、この記事では、東京卍リベンジャーズ239話のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

▼登録簡単!無料で読むならU-NEXT▼

U-NEXTがおすすめな理由

U-NEXT アニメ 無料

初回限定31日間無料

漫画ランキング▶こちら

今話題のアニメ▶こちら

▼今すぐチェック▼

▼月額課金制に不安を感じるなら「まんが王国」▼

まんが王国がおすすめな理由

月額課金制だと解約するのをうっかり忘れて利用しないまま数ヶ月・・・そんなことはありませんか?

そんな不安から解消!

毎日最大50%オフでお得!無料漫画・電子コミックが3000作品以上!1冊丸ごと無料期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信されているから!

▼3000冊以上無料で読めちゃう▼

東京卍リベンジャーズ239話ネタバレ考察予想「新人賞を胸に」

前回、三ツ谷がドラケンとの約束を果たすためデザイナーの新人賞を取るコンテストに出ると聞いたタケミチたち。

4人は三ツ谷の応援をするために、コンテストを観に行きます。

そこで三ツ屋の実力とセンスに感心します。

そして三ツ屋はコンテストで優勝し、ドラケンとの約束を果たすのだと思います,

東京卍リベンジャーズ239話ネタバレ最新確定「Steel the show」

ここは日本服飾文化賞の会場。

会場の中はすごい人でザワザワとしています。

ランウェイのすぐ近くにはオーラを放つ審査員の人が厳しい顔で見つめています。

会場ではタケミチ、千冬、八戒が三ツ谷の登場を今か今かと楽しみにしています。

会場アナウンスと共に鳴り止まない拍手。

その後すぐにモデルさんたちがランウェイを歩いてきます。 素敵な服を身に纏い、ランウェイを歩くモデルの姿を見て、タケミチは目をキラキラとさせながら華やかーと叫びます、 千

冬は俺のセンスに負けていない、と何故か満足そうにしていますが、タケミチはいい加減にしろとゲンナリしています。

ドラケンに見せてやりたいと言った三ツ屋の顔を思い出し、優勝できるかなぁと心配になるタケミチ。

千冬もハイレベルな大会なんでしょ?と心配そうにしています。

その横で八戒はタカちゃんは勝つ!と叫びます。

舞台裏では、部長レースの生地何とか間に合いましたと、荷台を慌てて押している人が。

部長と呼ばれたのは三ツ谷。

まち針を加えながら最終調整しています。 慌てて持ってきてくれたレース生地を

受け取り、これいいね、と服につけていきます。

そしてついに完成した服に、手伝ってくれたスタッフも嬉しそうです。

三ツ屋は立ち上り、スタッフに無償で手伝ってくれてありがとうと言います。

それにスタッフたちは部長の輝かしい未来のためにと辛そうな顔は一切せず笑っています。

そく 会場からはエントリーNo.15三ツ屋隆とコールされ、スタッフたちはいよいよだとドキドキします。

三ツ屋は深呼吸。

客席では八戒がいよいよ三ツ谷の番だと落ち着いていられません。

テーマは双龍。

アナウンスされると同時に三ツ屋の服を着たモデルがランウェイを歩き始めます。 空を舞う2匹の龍を表現したその服は歩くたびに綺麗に靡き、タケミチは口を開いて見惚れています。

審査員は大胆でいて綺麗な仕事、アメージングと賞賛しています。

会場から湧き上がるたくさんの拍手。

見ていたタケミチの目からは涙が溢れ、ドラケンに見ていますか?と、心の中で話し掛けます。

ついに全員の発表が終わり、会場ではこれより2008年度日本服飾文化新人賞最優秀賞の発表ですとアナウンスがはいります。

今年の優勝者はエントリーNo.15三ツ谷隆さんですとアナウンスがあり、会場は湧き上がります。

その発表にタケミチは三ツ谷はすごい人だから、不良の世界にいるべきじゃない、服飾で活躍する人だと思います。

離陸壇上へと上がってくる三ツ屋。 その三ツ谷の服装は東京卍會の特攻服と、額には龍のタトゥー。

会場は特攻服にザワツキます。 しかし、そんなのは物ともせず、淡々とこの度は新人賞を授与していただき、ありがとうございますと話す三ツ谷。

そして、心の中でドラケンに見ているかと話し掛けます。

三ツ谷は先日冴えない友人が尋ねてきたと話し始めました。

その友人はかつての友と戦いに行くと言ったと言われ、タケミチは自分のことだと思います。

壇上にいる三ツ谷は客席にいるタケミチを見て、タケミっち俺も連れて行ってくれないか?と聞いてきます。

驚くタケミチ。 更に俺はこの賞を辞退しますと、新人賞を辞退した三ツ谷。

それには会場中、アシスタント、全員がえぇぇと驚きます。 三ツ谷は手伝ってくれたアシスタントと、選んでくれた審査員の方々に深々と頭を下げます。

しかし審査員は机に拳を叩きつけ、由緒ある賞を何だと思っているんだと怒っています。

審査員からは未来を棒に降る気かと言われ、客席からは茶番かと物を投げられます。

しかし三ツ谷は舞台を降りることなく、どんなに最高の賞をもらっても、一緒に笑って喜んでくれる仲間見捨てるなら、そんなものクソ以下だと、バッサリ言い切ります。

その言葉にタケミチの目には涙が。 会場からはブーイングの嵐が続いています。

東京卍リベンジャーズ239話感想

三ツ谷が仲間に入りましたね。

このまま服飾の道に進むこともできたのに、それを捨ててタケミチたちとの友情を選んだ三ツ谷。

これに感動しました。

前回は生気のない顔をしていた三ツ谷なので、ステージで生き生きとした姿が見られて良かったです。

まとめ

この記事では、東京卍リベンジャーズ238話のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。

ぜひ漫画をチェックしてみてください。

東京卍リベンジャーズ

東京リベンジャーズ アニメ
東京卍リベンジャーズを読むならU-NEXTがおすすめです!初回31日間無料ですので1冊無料で読めちゃいます。さらにアニメも見放題作品ですので0円で視聴できちゃいます(ただし無料期間内限定です)

▶東京卍リベンジャーズを1冊無料で読む

▶東京リベンジャーズのアニメを無料で視聴する