東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ【138話】最新話ネタバレあらすじ感想!特別枠

こんにちは。2019年12月11日発売の週刊少年マガジンより、東京卍リベンジャーズ【138話】を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

137話では、エマからイザナが実の兄であるとしるタケミチ達。そして真一郎の遺品でイザナとやり取りをしている手紙を見つけ読み始めます。

その手紙を通じ、イザナはマイキーを憎んでおり、それが原因で9代目黒龍との抗争や今回の天竺との抗争が起きたのではないかと考えました。

➡「東京卍リベンジャーズ」の最新刊を無料で読む

➡「週刊少年マガジン」の最新版を無料で読む

東京卍リベンジャーズ【138話】最新話ネタバレあらすじ

自宅に千冬を呼び出したタケミチは今まで得た情報を千冬に共有します。

その話を踏まえ天竺の襲撃がマイキーへの憎しみによるものだったと認識した千冬。

そして、東京卍會の設立にも関係しているという事に驚きを隠せませんでした。

千冬だからこそ得た情報を説明したタケミチでしたが、考えていたのはこの先は単独行動をとろうすることでした。

さらに現代に戻った時に得たそれは、天竺との抗争が和解で終わることやマイキーがイザナたちの手に落ちるという事を話します。

そして稀咲とイザナは自分が倒すと考えていたタケミチ。

それに対して、隊員たちに説明するように指示する千冬。

タケミチに呼ばれる際に呼んでいたアッくんたちがタケミチの自宅にやって来ます、

タケミチの家にやって来たアッくんたち。

彼らにも情報情報共有しましたが、彼らの考えはタケミチ一人で背負わず俺たちも一緒に戦うという事でした。

その後のアッくんたちの会話の様子と見ているタケミチに千冬は一人で背負うなと言います。

そして、仲間の様子を見て安堵するタケミチはみんなと作戦会議を始めようとします。

しかし、その直後、クラクションが鳴り響き車から降りてきた人物がタケミチの家に向かって叫びます。

窓を開けたタケミチが目撃したのは東京卍會の特攻服を着た人物でした。

外に出てきたタケミチ達が社内の人影を見て驚きます。

その人物は伍番隊のムーチョこと武藤泰宏。

そして、タケミチにムーチョについて彼は東京卍會にとって特別枠だと説明するのでした。

東京卍リベンジャーズ【138話】感想

タイムリープしてきてから、何としてもイザナの情報を得ようと必死になっていたタケミチ。前回までである程度得ることができたので、次はイザナを倒すという考えになっています。

また、ナオトの死も重なりタイムリープ後は周りが全く見えていないように感じました。しかし、千冬の行動でアッくんたちを呼んで彼らの考えも聞いたことで冷静さを取り戻したようでタケミチはみんなで何とかしようという結果に落ち着いたというような印象でした。

このことから千冬の隊長への忠義が強い良い副隊長であると強く感じました

東京卍リベンジャーズ【139話】考察予想

今回最後に突如現れたムーチョ。そして、千冬が言う『特別枠』というワード。このことから、次回はなぜムーチョが現れたのかや『特別枠』の意味が明かされる展開になると思います。

ムーチョは正直言うと今まで目立った活躍がなかったので彼の登場で今後の展開がどうなるのか非常に気になります。

あと、今回バイクではなく車で現れたのでそのことも気になります。次回の最後ですが、タケミチ達はムーチョが乗る車に一緒に乗ってどこかに向かうという事になると思いました。

➡東京卍リベンジャーズ【139話】へ

まとめ

東京卍リベンジャーズ【138話】のネタバレと感想&139話の考察予想についてまとめました。

➡「東京卍リベンジャーズ」の最新刊を無料で読む

➡「週刊少年マガジン」の最新版を無料で読む