トニカクカワイイ

トニカクカワイイ【64話】最新話ネタバレあらすじ感想|65話を考察!

こんにちは。2019年5月29日発売の週刊少年サンデーより、トニカクカワイイ【第64話】を読みましたのでご紹介します。

まだ63話をご覧になっていない方はこちらからお願いします↓

漫画の最新話ネタバレ
トニカクカワイイ【63話】最新話ネタバレあらすじ感想|64話を考察!こんにちは。2019年5月22日発売の週刊少年サンデーより、「トニカクカワイイ」第63話をご紹介します。 第62話をご覧になられていな...

前話では、映画を観に行きたいという司にナサが一緒に観に行くことを提案します。映画を観るために予習をし、当日は不用意にネタバレを聞かないようにして会場に入ります。

映画の展開に表情を変える司を見たナサは、楽しんでくれたことが分かりまた来ようと思うのでした。

「週刊少年マガジン」を無料で今すぐ読む

トニカクカワイイ【64話】最新話ネタバレあらすじ

ナサを尋ねてきた要は「これ直せます?」と掃除機を見せます。

掃除機を確認しながら「直せると思うよ。」と電気の来ていない部分を確認してハンダ付けして「はい。直ったよ。」と要に見せます。

「そんな頼りがいのあるナサ君に…お願いがあります!!」と綾がやってきます。

月末に期末テストがあるが、全く勉強しておらず落第のピンチだという綾に、「いやいやでも僕中卒だよ?」と答えます。

「でもナサ君は賢いもん!!だから絶対教えられるもん!!」という綾に、「試しに教科書でも見せてもらえば?」と司が提案します。

高校の教科書を眺めていると「こんな簡単な問題何がわからないんだろう…って思ったでしょ?」と綾に言われてナサはドキッとします。

「まぁ…この程度ならわりと…」というナサは綾に勉強を教えることにします。

「じゃあ今日から僕が一日一枚ずつ問題用紙を作るから、」「毎日それだけを暗記するまでやってくれる。」と伝えます。

「それ大丈夫?」と司が尋ねるとナサは「大丈夫だよ、期末で赤点とらないくらいなら。」と答え、司は労力的に大丈夫か聞いたのにナサはそんなこと考えず、見返りを考えない人なんだと感心します。

翌日綾は難しいと頭を悩ませ、ナサに何で数式を覚えられるのか尋ねます。

ナサは「僕達が暗記するだけで済むのは…」「そういう先人たちの努力のおかげ…」「間違えたら、申し訳ないでしょ?」と答えます。

ナサの様子を見ていた司は、一人でたくさんのことが出来るのに、それを自分だけの努力の結果だとは思わず…先人たちへの感謝や敬意を忘れない、かっこいいなぁと思います。

トニカクカワイイ【64話】を読んだ感想

ナサは機械も直せて勉強もできて本当にすごい人だなと感心しました。ナサが教科書を見て綾に考えを読まれていたのは面白かったです。

「僕達が暗記するだけで済むのは…」「そういう先人たちの努力のおかげ…」「間違えたら、申し訳ないでしょ?」というナサは、人に教えるという面でも才能のある人で、家庭教師とかやったら人気の先生になるのではないかなと思いました。

ナサの頑張りをちゃんと評価する司の姿はすてきだなと思いました。

トニカクカワイイ【65話】考察

ナサの予想がかなりの確率で当たり、綾は赤点どころか好成績を出して先生に疑われたという話になるのではないかと予想します。

ナサのかっこいいところが全面的に押し出されていたので、逆バージョンで司のかわいいところが押しだされるところを今度は期待したいです。

綾は勉強に取り組む姿勢が変わり、授業を聞いているときも今までよりまじめに聞くように変わったのではないかなと予想します。ナサのかっこよさを司が伝えて、ナサが照れるところを期待したいです。

→トニカクカワイイ【65話】へ