チェンソーマン

チェンソーマン【54話】最新話ネタバレ確定&感想|江の島にいくには

こんにちは。2020年1月20日発売の週刊少年ジャンプより、チェンソーマン【54話】「江の島にいくには」を読みましたのでご紹介します。

53話では、公安がひた隠しにしてきたデンジの存在がレゼの事件で世間にばれてしまいました。

レゼの狙いはデンジをマキマから引き離すことだったと分かり、デンジという悪魔でも魔人でもない特殊な存在は、各国から狙われることになりました。

➡「チェンソーマン」の最新刊を無料で読む

チェンソーマン【54話】最新話ネタバレあらすじ

雪山で狐を狙うトーリカという男性と師匠と呼ばれる女性。トーリカが狐を仕留めると師匠は命を殺した感覚があるか、と聞きます。

特に感じていないと答えるトーリカに、師匠はことあるごとに同じ質問をします。狐の皮を剥いだとき、狐を料理した時。

しかしトーリカは何も感じません。

師匠はデンジの写真を取り出し、デンジを殺すことが次の仕事だと言います。

殺せると言うトーリカに、師匠はデンジに狐にしたのと同じ事をすると言い換えて伝えます。

それでもできると答えるトーリカ。

この仕事を終えれば余命半年の師匠がデビルハンターを辞められるということで、トーリカはどうしても成功させたいのです。

場面は変わり中国では4人の女性を抱いているクァンシという女にデンジを捕まえろと仕事が与えられます。

成功すればできる限りの要求が聞いてもらえるというほど重要視されている仕事です。

クァンシが来ることは既にマキマが知っていました。

クァンシはおそらく仲間の魔人を連れてくると話すマキマは対抗策を考えます。岸辺曰く、クァンシは全人類で殴りあったとしたら1番のようです。

しかし警戒すべきはドイツのサンタクロースと呼ばれる人物。

寿命で死んだという噂もあるようですが、サンタクロースに悪魔を使われたらかなり厄介なようです。そのドイツではサンタクロースに依頼が入ります。

デンジを見つけてくれという頼みに、サンタクロースは報酬として美男美女を要求します。3人は契約、1人は趣味だとサンタクロースは言います。

その頃旅行に行けなくなったことを嘆いているデンジに、早川が今回を乗り切れば旅行に行けると伝えます。

デンジは旅行に行くためには、刺客を全て殺せばいいと気づいてしまいました。

チェンソーマン【54話】感想

今回はデンジを狙う各国の刺客が紹介される回でした。クァンシは一瞬男だと思いました。各国のお偉いさんは、デビルハンターにかなりの報酬を用意してでもデンジを狙いたいようです。

しかし、デンジの心臓を奪うといっている人もいれば、デンジを捕まえる、見つけるといっている人もいます。

銃の悪魔はチェンソーの心臓を狙っていますが、各国のお偉いさんも同じなのでしょうか?ポチタの正体も不明なまま、デンジがどうして狙われるかの謎が深まっていきます。

チェンソーマン【55話】考察予想

前回出てきた3人組を入れると今のところデンジを狙っているのは4組です。さらに銃の悪魔関係も加わって来るのかもしれません。

マキマと岸辺が1番恐れているのはドイツのサンタクロース。結果サンタクロースは生きているようでしたが、目がいってしまっていたのでもしかしたら死体を悪魔に操られているのかもしれません。

真実がどうであれ、サンタクロースが悪魔を好きに使えるようであればデンジにとってもかなりの強敵となることは間違いないでしょう。

➡チェンソーマン【55話】へ

まとめ

2020年1月20日発売の週刊少年ジャンプより、チェンソーマン【54話】「江の島にいくには」のネタバレと55話の考察予想についてまとめました。

➡「チェンソーマン」の最新刊を無料で読む