チェンソーマン

チェンソーマン【42話】最新話ネタバレ感想!泳ぎ方を教えて|43話を考察

こんにちは。2019年10月12日(土)発売の週刊少年ジャンプより、チェンソーマン【第42話】「泳ぎ方を教えて」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

41話では、デンジがレゼと一緒に夜の学校に忍び込むことを計画して終わっていました。マキマ以外好きにはならない、と誓ったデンジですが何故か体はレゼの元に動いてしまいデンジはレゼの元へ通い詰めます。

そんな中、デンジの命を狙う新たな魔の手が動き始めていました。

➡「チェンソーマン」の最新刊を無料で読む

チェンソーマン【42話】最新話ネタバレあらすじ

夜の学校。レゼは少し怖いと感じてデンジの手と手を繋ぎます。今もなお、デンジはマキマに対して心の中で言い訳をしますが、心とは裏腹に身体はレゼを受け入れています。

教室に入るとレゼはデンジに簡単な問題を出し、先生と生徒のようなやり取りをしています。

”学校”という名前は知っていても小学校にも通っていなかったデンジに対し、レゼはなんだかそれはおかしいことじゃないかと言い出します。

公安で受けている寝床と食事を貰うという待遇は日本人なら当たり前のことだと話すレゼですが、デンジはそのことを深く考えていると頭が熱くなってきました。

ということで頭を冷やすために2人プールに入ることにします。泳げないデンジに、レゼは泳ぎ方を教えると言って服を脱ぎ始めました。

そしてレゼはあっという間に裸になってしまいます。

初めて見る女の裸にデンジの心は荒れます。

まだマキマにすがりたい気持ちもあったのですが、デンジの体は言うことを聞かず、デンジも真っ裸になってしまいました。

初めは水の中に入らなかったデンジも、レゼに挑発されて水の中へ。

泳ぎの練習をしているとその内、雨が降り始め、2人はまた教室に戻りました。

止まない雨を見つめながら、レゼはデンジに”田舎のネズミと都会のネズミ”どちらがいいかと聞いてきます。

その時、天使の悪魔も早川に同じ質問をしていました。

イソップ童話の一つであるこの話は、田舎のネズミは安全だけど貧乏、都会のネズミは裕福だが危険ということを意味しています。

天使の悪魔は田舎のネズミが良かったが、マキマに連れてこられて都会のネズミになってしまったと話します。

場面はデンジ達の元に戻り、デンジは都会のネズミが良いとこたえます。

危険だよ、とレゼが言ってもデンジは食べ物があればそれでいいと答えるのでした。

デンジの答えを聞くと、レゼはデンジを翌日あるお祭りに誘います。デンジがOKするとレゼは嬉しそうにして、そのままトイレに行きました。

トイレに向かうレゼは後ろに人の気配を感じ振り向きます。

するとそこにいたのはデンジではなく、デンジを狙う台風の悪魔と契約しているあの男です。

刃物を持って男がレゼに近付く中、デンジはマキマだけ出なくレゼにも心が動いていることに悩んでいました。

チェンソーマン【42話】の感想

タイトルを見た時に、ん?と思いましたが予想通り、夜の学校にあの男がやってくるところで終わりました。2人でいるところではなくレゼだけの所に現れたので、恐怖は倍以上です。レゼのことが心配です。

今回も天使の悪魔と早川のやり取りがありました。2人とも冷め切っているけれど、なかなかこの2人セットも好きです。

 

マキマによって連れてこられたと言っていましたが、天使の悪魔は岸辺の次に強いはず。マキマの強さが本当に気になります。

チェンソーマン【43話】を考察

レゼは必死で逃げようとするでしょう。逃げ切りデンジのところまで来られるのか、それともあっけなく殺されてしまうのかが注目ポイントです。

レゼには生きていて欲しいですが、この漫画は結構あっさり人を殺してしまうので、レゼは捕まり殺されなくてもひどいことをされるでしょう。別のデビルハンターの時は妻と娘の皮を剥いだと言ってました。

デンジに前に現れた大事な女の子、ぜひ守り抜いて欲しいです。久々に女を全力で守るデンジが見られます。

まとめ

チェンソーマン【第42話】「泳ぎ方を教えて」のネタバレと感想&43話の考察予想についてまとめました。

➡「チェンソーマン」の最新刊を無料で読みたい方はこちら