チェンソーマン

チェンソーマン【50話】ネタバレあらすじ確定&感想|シャークネード

こんにちは。2019年12月9日発売の週刊少年ジャンプより、チェンソーマン【第50話】「シャークネード」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

49話では、早川のおかげで何とか助かったデンジは、天使の悪魔が持ってきてくれた血のおかげで失った手足を復活させました。

ビームに戦い方を教えてもらったデンジは馬の様にビームにまたがりレゼ、台風の悪魔に向かっていきました。

➡「チェンソーマン」の最新刊を無料で読む

チェンソーマン【50話】最新話ネタバレあらすじ

レゼの爆風、そして台風の悪魔の強風で早川達は戦うことはおろか、立っていることも厳しい状況です。

ビームを乗るこなすデンジは、レゼの爆撃をうまくよけるため、レゼは2人のことをゴキブリのようだと例えるほどです。

台風の悪魔のパンチも避けたデンジは、そのままレゼの右足を切断します。

台風の悪魔はすぐに血を吐き出してレゼの足を再生させました。

風は強さを増していき、何にも捕まっていなかった天使の悪魔の体は浮き上がってしまいます。電柱にしがみついていた早川は手を伸ばし天使の悪魔の服を掴みます。

天使の悪魔は死ぬ覚悟はできているから離せと言います。離す気はなかった早川ですが、風の勢いに負けて天使の悪魔が手から離れていきます。

飛んで行く天使の悪魔の頭に、1人の少女の姿が浮かびます。その時、天使の悪魔の手を早川が掴みました。

早川はすぐに天使の悪魔を自分の方へ引き寄せると、右腕でしっかりと抱き寄せます。

天使の悪魔に触れると人間の壽命は縮みます。天使の悪魔はなぜ触れたのかと聞きますが、早川は目の前で誰かが死ぬのはもう嫌だったようです。

早川は天使の悪魔をしっかりと抱きしめながら電柱の陰に隠れています。

ちなみに減った寿命は2か月ほどです。

台風の悪魔の風に乗るデンジは、ぐるぐると台風の悪魔の周りを回り、台風の悪魔を切り裂いていきます。

そして台風の悪魔の頭も切り裂くと、次の標的レゼを探します。

その時、レゼはデンジ、ビームの真上にいました。上から蹴りを入れられると、ビームは焼き魚のようになってビルの屋上に叩きつけられます。

ビームがクッションになったおかげで大したダメージもなかったデンジはすぐに立ち上がります。

デンジは着地したレゼと再び対峙します。

チェンソーマン【50話】感想

台風の悪魔を撃破しましたが最後までかなり気持ちの悪い悪魔でした。元々脳みそが出ているデザインだったのですが、デンジに切り裂かれたことで全身から内臓というよりも脳みそのようなものが流れ出ていました。

1対1になったデンジとレゼの戦いも気になりますが、死を覚悟した天使の悪魔が頭に浮かべた女性が誰なのかに気になります。

天使の悪魔は人間が嫌いではないので、かつて親密になった人間なのでしょうか。天使の悪魔の話が描かれるのが楽しみになりました。

チェンソーマン【51話】考察予想

次回はもちろんデンジVSレゼ、タイマンです。デンジはもうレゼを倒すことに1mmも躊躇いは無いようですね。

ここにマキマが来てくれたらさらにデンジはパワーアップしそうです。激しいぶつかり合いが予想されますが、レゼがデンジにかなり話しかけることも考えられます。

どうして銃の悪魔はデンジの心臓を狙うのか、という問いをデンジがした場合、レゼが誤魔化さずにその理由とチェンソーの秘密を語ってくれることを期待しています。

➡チェンソーマン【51話】へ

まとめ

チェンソーマン【第50話】「シャークネード」のネタバレと感想&51話の考察予想についてまとめました。

➡「チェンソーマン」の最新刊を無料で読む