中禅寺先生物怪講義録 先生が謎を解いてしまうから

中禅寺先生物怪講義録 先生が謎を解いてしまうから【8話】最新話ネタバレ感想|さまよう生霊

こんにちは。2020年5月15日(金)発売の少年マガジンエッジより、中禅寺先生物怪講義録 先生が謎を解いてしまうから【8話】『さまよう生霊』を読みました。

7話では、青マント事件で中禅寺先生に迷惑をかけた栞奈は中禅寺先生の手伝いをさせられていました。その時感じたクッキーのにおいで栞奈の頭の中はクッキー一色になってしまいますが、中禅寺先生の机にあったクッキーの缶にはクッキーは入っていませんでした。

結局榎木津の誘いで甘いプリンを食べることが出来た栞奈は満足しましたが、実は中禅寺先生はクッキーを隠し持っていたことがラストで判明しました。

それでは、この記事では中禅寺先生物怪講義録 先生が謎を解いてしまうから【8話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

中禅寺先生物怪講義録 先生が謎を解いてしまうから【8話】最新話ネタバレあらすじ

友達2人と文房具屋に来ていた栞奈。

新しく「サエキヒデヨ」という転校生が来るらしいと話していると、奥の方に中禅寺先生らしき後ろ姿がありました。

3人とも中禅寺先生がいると気付いて声をかけるか迷っているとその男性が振り向きました。

全くの別人

すると男性は全くの別人だったことが分かりました。

そんなことがあり、この世には自分の瓜二つの人間が3人はいるという話になりました。

もしも同じ顔の人物の身分が高かったら入れ替わりたいなどと夢を膨らませていると3人の1人、花代が少しためらいながら話し始めました。

母親のそっくりさん

1週間前に母親のそっくりさんを見たというのです。

母親に頼まれて買い物に行った花代は街で母親を見つけました。

先ほどまでは台所にいたはずの母がどうしてここにいるのか疑問を抱いたまま用事を済ませて家に帰った花代。

すると家にはちゃんと母親がいました。

すぐに街にいたかと母に聞く花代でしたが、母親はずっとご飯の支度をしていたと答えました。

しかし気になるのはそのそっくりさんは母親と同じ柄の着物を着ていたという事です。

すごい偶然

栞奈ともう1人の友達がそれをすごい偶然だと言っていると3人の後ろを1人の女の子が通りました。

まさに今目の前にいる花代そっくりなのです。

建物の陰に消えて行った花代似の女の子。

しかし本物の花代は今通っていった女の子が、自分が着けているのと同じ髪留めを着けていたことに気付いていました。

髪留め

この髪留めは母親の手作りなのです。

不気味そうにする花代に栞奈は偶然だと言い聞かせました。

そこにたまたま花代の母親が通りがかったので花代は母親と一緒に帰っていきました。

もう1人の友達とも別れた栞奈は欲しかった本を買いに本屋に寄りました。

最後の1冊残っていたので栞奈が手を伸ばすと、同時にもう1人の男性が本を取ろうとしました。

お互いびっくりして譲り合いになると、男性は栞奈が中禅寺先生の生徒であることに気が付きました。

関口巽

栞奈が男性が誰か分からないでいると、男性はジャズバーの入り口で榎木津の後ろにいた関口巽だと答えました。

栞奈は顔を思い出すことが出来ませんがとりあえず自己紹介をします。中禅寺先生の学生時代からの知り合いだという関口巽。

栞奈はその名前に聞き覚えがあり、すぐにどこで聞いたのかを思い出しました。まさに今日買いに来た「近代文藝」という雑誌のコラム欄に寄稿している人物なのです。

音楽も文章も出来てスゴイと栞奈が関口を称賛すると、赤くなって照れ始めた関口は本業は大学で粘菌の研究をしていることだと答えました。

研究者と聞いてさらに栞奈は感動します。

粘菌

粘菌が何かわからない栞奈に簡単に説明してくれる関口は、キノコが別々の場所で生えていても実は地中でつながっていて別の個体であることあると言いました。

栞奈はその言葉で花代の事が気になりました。

そこで話を変えて双子以外に同じ見た目の人間がいる可能性について関口に尋ねました。

関口は少し考えた末。

「ドッペルゲンガー」について語り始めました。

ドッペルゲンガー

神話や伝説に時々出てくるドッペルゲンガーは、自分自身の姿を自分で見る現象のことであり、視たら死ぬと言われています。

栞奈はその言葉に息をのみました。そんな話をしているうちに本屋の店主に邪魔だと言わんばかりの仕草をされて2人はさよならすることになりました。

本は栞奈が買うことになります。

視たら死ぬという言葉が頭から離れない栞奈は、花代の件は関係ないと言い聞かせながら帰りました。

しかし翌日、花代は学校を休みました。

➡5月15日発売の「少年マガジンエッジ」を『試し読み』からいますぐチェック!

中禅寺先生物怪講義録 先生が謎を解いてしまうから【8話】感想

今度の事件はドッペルゲンガー。栞奈といる友達が直接事件に巻き込まれてしまいました。今回は謎が投げかけられた回です。

花代だけが自分と母親のそっくりさんを見ています。身につけているものまで全く同じだなんて説明がつくのでしょうか。

しかし中禅寺先生は謎を解いてしまいます。今回はどんなトリックがあるのか予想がつかないので早く謎解き編を読みたいです。

中禅寺先生にまつわる新たな人物関口巽が登場しました。関口はこれからも栞奈の相談を受ける重要な人物になりそうです。

中禅寺先生物怪講義録 先生が謎を解いてしまうから【9話】考察予想

ドッペルゲンガーに関する話を持って来た栞奈をまた迷惑そうな顔で見る中禅寺先生の姿がはっきりと目に浮かびます。

また放っておけと言われると栞奈は中禅寺先生ではなく関口を頼りにしそうです。そうなれば今回の謎は関口が解決するのかもしれません。と思いましたが中禅寺先生が関わらないなんてこともありえないので、結局中禅寺先生が解くことになるのでしょう。

花代が休んだのはただの偶然、しかし偶然で無ければ一緒に帰っていった母親が偽物だったという事です。できるだけ危険な状況の方が楽しくなりそうです。

➡中禅寺先生物怪講義録【9話】へ

まとめ

2020年5月16日(土)発売の少年マガジンエッジより、中禅寺先生物怪講義録 先生が謎を解いてしまうから【8話】『さまよう生霊』のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

いつも読んでいただきありがとうございます。

➡5月15日発売の「少年マガジンエッジ」を『試し読み』からいますぐチェック!