週刊ヤングジャンプ

ウマ娘シンデレラグレイ【34話】最新話ネタバレ感想!カサマツの星

こんにちは。ひらりです。

2021年3月11日発売のヤングジャンプより、ウマ娘シンデレラグレイ【34話】「カサマツの星」を読みました。

33話では、毎日王冠GⅡ。時にGⅠよりもハイレベルになるこのレースですが、今年はGⅠクラスのウマ娘が勢揃いしています。

そんな中でも、皆がマークするのはオグリキャップ!徹底的なマークを受けながら大外に出たオグリキャップ、1人異次元の走りを見せて解消するのでした。

それでは、この記事では、ウマ娘シンデレラグレイ【34話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ウマ娘シンデレラグレイ【34話】最新話ネタバレあらすじ

食堂で昼食をトレーに乗せ、誰かを探すゴールドシチー。

タマモクロスの姿を見つけ、隣の席に座ります。

その時、ゴールドシチーはあることに気が付きました。

いつもは小食のタマモクロスが、大盛りのご飯を食べている・・・。

天皇賞秋に向け、キャラが変わったのかと尋ねるゴールドシチー。

そうかもしれないと言い、タマモクロスは笑いました。

場面は変わり、そこは府中駅。

1人男が、岐阜からやって来ます。

一方のオグリキャップは、天皇賞秋に向けて調整中。

先輩たちとの併走にも慣れ、順調に練習を消化していました。

オグリを見つめるのはトレーナーの六平ですが、その背後からは叫び声が・・・。

〝ろっぺい〟と叫ぶ声が、聞こえてきたのです。

六平(むさか)をろっぺいと呼ぶのは、あいつだけ・・・。

そう感じた六平は、舌打ちで答えました。

背後を見つめ、声を上げたのはベルノライト。

そこには、ジョーが立っていたのです!

カサマツ時代、オグリとベルノのトレーナーをしていたジョー。

オグリもその姿を見つけ、駆け寄ってきました。

猛ダッシュでジョーの所まで走ったため、ブレーキのよって舞い上がるダート。

ジョーと六平は、ダートだらけになってしまいます。

その後、カサマツの話しをジョーから聞くオグリ。

カサマツは今、オグリの天皇賞秋出走で、お祭り騒ぎだと言うのです!

大きな荷物から旗を取り出したジョーは、広げてオグリに見せました。

そこには〝カサマツの星〟と書いてある、オグリへのメッセージが・・・。

オグリとベルノは喜びの声を上げ、六平はパドックで使うと旗を受け取ります。

その後も、フジマサマーチやベルノライトからお御土産を取り出すジョー。

盛り上がるオグリやベルノを見て、トレセン学園の仲間も集まってきました。

新たな仲間と話すオグリを見て、中央は楽しいかと尋ねるジョー。

オグリは笑みを浮かべ、楽しいと返します。

カサマツからの仲間に背を押され、士気を高めるオグリ。

一方のタマモクロスも、順調に調整を進めていました。

トレーナーが驚くほど、調子を上げ続けているタマモクロス。

ただ、その時かかってきた電話・・・。

電話に出たタマモクロスは、目を見開いて驚いたのです。

ウマ娘シンデレラグレイ【34話】感想

描かれたのは、天皇賞秋に向けて準備を進めるオグリキャップとタマモクロス。

互いに順調な調整を積み、大会に向かっています。

そんな中、オグリキャップには思わぬ贈り物が・・・。

カサマツからジョーが現れ、仲間たちからのプレゼントを渡してくれました。

体調も万全のようですが、気持ち的にもかなり良い状態になりそうですね。

一方のタマモクロスは、食事量を増やして調整中。

ここに来て食事が増えるということは、かなり調子が良い証拠です。

ただ、気になるのは最後の電話・・・。悪い知らせがあったのかもしれません。

ウマ娘シンデレラグレイ【35話】考察予想

天皇賞秋に向け、今回描かれたのはオグリキャップ。

そのため、次回はタマモクロスが中心となって描かれると予想します。

なぜなら、タマモクロスもオグリキャップ同様ストーリー性の高いウマ。

生い立ちから引退まで、ドラマのような人生を歩んできたのです。それを漫画で使わないのは、もったいなさ過ぎますね!!

次回描かれるのは、タマモクロスと母の物語・・・。

彼女の生い立ちから日本一への軌跡を語った上で、オグリキャップとの激突を描いて欲しいです。

まとめ

この記事では、ウマ娘シンデレラグレイ【34話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「ウマ娘シンデレラグレイ」を1冊お得に読む