アンデッドアンラック

アンデッドアンラック【15話】最新話ネタバレあらすじ感想|Truth

こんにちは。2020年5月11日発売の週刊少年ジャンプより、アンデッドアンラック【15話】「Truth」を読みました。

14話では、町の人々を腐敗させるUMA「スポイル」を捕獲に訪れたアンディ・風子・シェンの「否定者」一行。進化を遂げたスポイルを前に苦戦していましたが、反撃の一口を掴んだらしいシェンが、伸縮する棒のような武器を使ってスポイルに一撃を浴びせます。

この記事では、アンデッドアンラック【15話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

アンデッドアンラック【15話】最新話ネタバレあらすじ

シェンがスポイルにダメージを与えた武器は、中国から出土した古代遺物・如意金箍(西遊記に登場する如意棒)でした。

スポイルの腐敗能力には範囲があると察知したシェンは、伸縮する如意金箍を利用して安全圏からスポイルにダメージを与え続けます。

反撃を試みるスポイルですが、攻撃しようと思っても攻撃できなかったり、思った方向に攻撃を出せなかったりと身体がいうことを聞きません。

ここでシェンの能力が明らかになります。

シェンの能力はUNTRUTH(アントゥルース:不真実)。

視界に入れた対象に、対象の意識とは真逆の行動を取らせるというものでした。強力な能力ですが、誰に対しても使用できるというものではなく、制約が存在します。

それは対象を好きにならなければ使用できない、というものでした。

天下無双を目指すシェンは、かって強大な力を誇っていたアンディと戦うことを望んでおり、そのアンディが手を焼くほどの強敵であるスポイルに対しても好意を持ち始めていたのです。

一方、風子に触って不運を発動させ、スポイルを巻き込もうとするアンディですが、地割れが発生して地の底へ落下してしまいます。

さらにシェンの能力が相手を視界に入れる必要があると見抜いたスポイルは、土煙を発生させて「不真実」を無力化させるのでした。

スポイルを捕獲するためにはその体内にある核を抜き取る必要がありますが、そのためには接近しなければならず、この状況では困難に思われました。

そのとき、風子が名案を思い浮かべます。真空の宇宙空間なら腐敗は発生しないので、スポイルに近付いても問題ないのではないか、と。

如意棒を使えばスポイルを宇宙へ飛ばすことは可能ですが、問題は誰が宇宙へ同行するかという点でした。シェンはアンディに持ちかけます。

頭に刺さっているリミッターの役割を果しているカードを抜き取ったアンディなら、宇宙空間へ行っても行動できるのではないか、と。

この作戦を採用することにしたアンディはカードを抜き取り、如意棒でスポイルもろとも宇宙へ飛ばされるのでした。

➡「アンデッドアンラック」の最新刊を無料で読む

アンデッドアンラック【15話】感想

「否定者」としてのシェンの能力が判明した回でした。この作品、綿密に伏線が張り巡らされていて驚かさせることが多いのですが、今回も同様でした。

第二話から登場しているシェンですが、能力を使うときと使わないときがあったり、アンディたちを本気で殺しにかかろうとしているように見えるときとそう見えないときがあるなど、ムラのある性格に見えていたのです。

しかし、①戦闘狂である ②相手を好きにならなければ能力を使えない という事情が明らかになることで、それまで矛盾があるように見えた行動に全部、説明がつくのです。なるほどなあ、と感心させられること、しきりでした。

アンデッドアンラック【16話】考察予想

割合話数を消費していたスポイルとの戦いですが、おそらく次回くらいで決着がつきそうです。

気になるのは、カードを抜いた直後のアンディが、シェンに勝てと言っているところです。

これはおそらく、カードを抜くと暴走状態に陥るので、そうなった自分を抑え込んでくれと言っているのでしょう。

カードを受け取り、不敵に笑うシェンは、全力を発揮するアンディとの戦いを待ち望んでいるのでしょう。否定者の中でも№2の位置にいるシェンとアンディの激闘がどのようなものになるのか楽しみです。

➡アンデッドアンラック【16話】へ

まとめ

2020年5月11日発売の週刊少年ジャンプより、アンデッドアンラック【15話】「Truth」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

➡「アンデッドアンラック」の最新刊を無料で読む