男性向けまんが

ワールドトリガー【187話】最新話ネタバレ感想!弓場隊②|188話を考察

こんにちは。2019年10月4日発売のジャンプSQより、ワールドトリガー【第187話】「弓場隊②」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

186話では、最終のランク戦が始まり、転送される隊員達。ヒュースは最悪の転送位置となり、敵に囲まれてしまいます。

そんなヒュースを助けるため、合流した修・千佳・遊真の3人は動き始めるのでした。しかし、その3人を密かに狙うのは弓場隊のスナイパー、外岡です。

➡「ワールドトリガー」のアニメ動画と最新刊を無料で読みたい方はこちら

ワールドトリガー【187話】最新話ネタバレあらすじ

遠方から千佳の狙撃でヒュースを救出することを決める修。

しかし、遊真は修の策の弱点を指摘します。

千佳が砲撃をすると、追ってきている二宮に居場所がバレてしまうのです。

その短所も理解している修は、スピード勝負だ、と話しました。

ヒュースをすぐに救出し、その場から早く立ち去るというのです。

その策に乗った遊真は、千佳を連れて射撃ポイントへと動き出しました。

修はヒュースに近付き、救出の手助けを擂るために移動を開始します。

一方、ヒュースのいる場所では乱戦が続いていました。

ヒュースと孤月で斬り合うのは生駒隊の隊長、生駒。

それを援護するのは生駒隊の水上です。

戦う2人の隙を突いて攻めるのは二宮隊の犬飼に、弓場隊の帯島。

その乱戦の中、弓場隊の隊長、弓場の射撃によってヒュースは左腕を落とされてしまいました。

ドサクサに紛れ、帯島を攻撃する生駒隊の南沢ですが、弓場の援護によってそれは阻まれました。

このことがきっかけで、集まった6人は再びヒュース1人にならいを定めるのでした。

その間に、千佳と遊真は射撃が可能なポイントへ移動を始めています。

解説席からその様子を見る小南は、それはまずい、と頭を抱えました。

2人を密かに狙う、外岡の存在を危惧しているのです。

外岡は隠密行動ではボーダーの中でもトップの実力を誇っています。

隠れて2人を狙う外岡。

千佳はヒュースを援護できる射線を探すため、移動を続けていました。

スピード勝負にもかかわらず、なかなか射線が見つからない千佳に焦りを感じる修。

その時、作戦の変更を出したのはヒュースです。

自分の周りに炸裂弾を落とすように指示したヒュース。

自分事、敵を倒せと言うのでした。

その策に納得した修は、千佳にヒュースの策で行くことを伝えます。

千佳が豊富なトリオン量を活かし、巨大な炸裂弾を生成した瞬間・・・外岡がその炸裂弾を撃ち抜きました。

外岡の攻撃により、大暴発を起こします。

巨大な爆発によって、千佳と遊真は離脱・・・かと思われましたが、千佳がシールドを張ったことでなんとか生き残っていました。

修とヒュースの策は失敗に終わり、ヒュースは絶体絶命の危機に立たされます。

ワールドトリガー【187話】の感想

ランク戦が進み、修の策も破られてしまいました。ヒュースは左の腕と脚を落とされており、絶体絶命の状況です。

前回の1戦で名を売ったとはいえ、新人のヒュースを6人で囲むのは良くない気がします!
上位チームは、ヒュースがネイバーだと知っているので、それも当然かもしれませんが・・・。

今までは、緻密な作戦で先に動いてきた玉狛第二。しかし、今回はかなりまずい状況になっていますね。

全ての動きが後手に回っているようです。流石に上位陣相手では簡単にいきませんね。

ワールドトリガー【188話】を考察

次回は、修とヒュースが語っていた〝隠し球〟が登場すると思います。これはヒュースが前回温存していた新しいトリガーのことでしょうか。

今回の1戦のためわざと使わなかったトリガーを用いて、奇襲を仕掛けるのかもしれません。

遊真のいる南西では、遊真が外岡を倒すと予想します。一撃で決めきれなかった外岡は、近接戦では遊真に敵いません。

外岡を排除し、ヒュースを援護すると思います。その後、そこに登場するのは二宮でしょう。修・千佳・遊真と二宮が降船すると予想します。

まとめ

ワールドトリガー【第187話】「弓場隊②」のネタバレと感想&188話の考察予想についてまとめました。

➡「ワールドトリガー」のアニメ動画と最新刊を無料で読みたい方はこちら