約束のネバーランド

約束のネバーランド【143話抹殺】最新話ネタバレ確定&感想|144話を考察!

こんにちは。2019年7月22日発売の週刊少年ジャンプをいち早く入手しました。約束のネバーランド【第143話 抹殺】を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちらからお願いします↓

漫画最新話ネタバレ
約束のネバーランド【142話】最新話ネタバレ感想|143話を考察!こんにちは。2019年7月13日発売の週刊少年ジャンプより、約束のネバーランド【第142話】「1000年前の”約束”②」を読みましたので...

142話では、初めて鬼と人間の間で約束が結ばれた時の話が語られ完結しました。そして現在、エマが鬼のボスに願ったのは食用児全員で人間の世界へ行くことと、それを最後に二世界間の行き来を完全に不可能にすること。この願いに鬼のボスは・・・。

➡「約束のネバーランド」を無料で1冊いますぐ読む

約束のネバーランド【143話抹殺】最新話ネタバレあらすじ

「食用児全員で人間の世界へ行きたいそれを最後に二世界間の行き来を完全に不可能にして」

笑う鬼のボスは、「その望み叶えてあげる」と答えます。

じゃあぼくがほしい”ごほうび”はきみのー

鬼のボスの言葉に、目を見開いて驚くエマ。

」シーンは、ドンとギルダの邪血捜索チームに変わります。

ムジカ達の痕跡を見つけてから3日。

足跡が新しかったことから、ソンジュとムジカが近くにいることが分かり、思っていたより早く2人に辿り着けるとドン達にもやる気が出ます。

アイシェのことはハヤトには話しておらず、アイシェもあの後一言も言葉を話していません。

なかなか手がかりが見つからないと話した矢先、アイシェの連れている犬がものすごく分かりにくい足跡を見つけます。

消した跡があるが、形、大きさ、歩幅。間違いなくムジカの足跡です。

今朝か昨日の夜に着いた足跡、アイシェもまだ匂いが残っていることに気付きます。

追える・・・!

確信をもったドン達は足跡の続く方へ向かいます。その時、後ろに立つハヤトの顔はとても恐ろしい顔をしていました。

邪血見つけた見つけましたよボス・・・!

ハヤトはドン達に怪しまれないように、ジンに自分の居場所を知らせるための発信機を渡されていました。

誰にも気づかれず、邪血のもとへジン達を導く。

そして、Λ(ラムダ)の力で邪血を葬る。これがノーマンの計画だったのです。

ドン達を騙してでも、食用児の未来のためムジカ達を殺そうとしているノーマン。

そしてついにドン達はムジカ達を見つけました。感動の再開にギルダは涙を流します。

その時、邪血をその目に捉えたハヤトが、言われていた通り、続けてボタンを三度押します。

叫ぶアイシェ。ムジカ達、ドン達は、邪血を殺しに来たジン達に囲まれてしまいました。ハヤトはアイシェの首にナイフを当てています。

ドンとギルダに謝るジンは言います

「邪血の鬼は俺達が始末します」

しかし、その時既にジンの後ろにはソンジュが立っていました。

始末する?誰が?誰を?

ソンジュは不敵な笑みを浮かべます。

約束のネバーランド【143話抹殺】を読んだ感想

いくら食用児の未来のためとは言っても、ドン達を裏切っているハヤトの顔がとても嫌いでした。まるで人間ではないようでした。

逆に、最後のシーンのソンジュはカッコ良かったです。いつの間にか、ジンの後ろにいたソンジュからは圧倒的な強さを感じました。

そして笑みを浮かべているソンジュ。強いキャラっていうのは無条件でかっこいいものです。食用児の未来のためにというのはわかるのですが、正直なところここではソンジュにノーマン側の人間を皆殺しにしてほしいです。

約束のネバーランド【144話】を考察

次回は、ΛVSソンジュ。絶滅したと思われた邪血の少女、ムジカが生きているということはソンジュがものすごく強いということです。

ムジカも強いのかもしれません。長い間、ずっとムジカを守って来たソンジュが今Λの人間数人に負ける可能性は0に等しいでしょう

しかもジン達が邪血を殺すことを知らなかったアイシェももちろんムジカ側、ドン達もムジカ側につくと思います。ジン達はこの場で死んでしまうのではないかと思っています。

漫画!最新話ネタバレ
約束のネバーランド【144話助けて】最新話ネタバレ感想|145話を考察!こんにちは。2019年7月29日発売の週刊少年ジャンプをいち早く入手しました。約束のネバーランド【第144話】「助けて」を読みましたので...