約束のネバーランド

約束のネバーランド【163話】ネタバレ考察&感想!イザベラが生きている理由!

こんにちは。2020年1月6日発売の週刊少年ジャンプより、約束のネバーランド【163話】ネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

162話では、王都では新たな王になってもらうために、ソンジュ達が大僧正様に会いにいっていました。人間を食べない状態で生きている彼らは仮死状態のためソンジュとムジカは生き返らそうと試みます。

一方で女王死亡の知らせを聞いたピーターは自分達が王座を奪おうと考えました。

➡「約束のネバーランド」の最新刊を立ち読みする(←こちらのサイトの「試し読み」をクリック!)

約束のネバーランド【163話】最新話ネタバレあらすじ

➡約束のネバーランド【163話】の確定はこちら

約束のネバーランド【163話】どうしてイザベラは生きている!?

GF農園からエマたちが脱走したことは大事件だったはずです。最後には「逃げきれ」と背中を押したことは置いておいても、子供達を逃がしただけで重罪のはずなので普通であれば処分されて鬼に食べられてしまいます。

クローネは鬼の餌となってしまったのに、イザベラはまっさかの再登場を果たしました。元々ママになってからも優秀なイザベラのことだからうまく鬼達を説得させたのでしょうか?

初めからうまくいく算段があったからエマたちが逃げるときに命がけで捕まえたりしなかったのかも知れません。

約束のネバーランド【163話】大僧正様

ソンジュの先生の先生である大僧正様。邪血の血を飲んで生き返るのでしょうか?そもそも仮死状態なのにどうやって血を飲ませるのかが気になります。無事に生き返らせることが出来て、王の座についてくれるのかどうかも謎です。

民のためを思って犠牲になった大僧正ですが、眠っていた間の1000年ほどの間に変わった鬼の世界には幻滅してしまうでしょう。

 

それでも民のためと言われれば動いてくれるかもしれませんが、やはり自分達の理想とは違いすぎる現実を受け入れることが出来ない気がします。

約束のネバーランド【163話】GF農園侵入作戦

GF農園にはもちろんピーターの部下が見張りとして立っています。しかし、変に入り口付近でエマ達を捕まえても、一部に逃げられてはお終いなのでとにかく中に全員を入れるまでは手出しはしないでしょう。

しかし、王とその周りの貴族は全滅しました。つまり献上の必要がなくなったのです。そのためエマ達を生け捕りする必要が無いので殺すこともいとわないと思われますが、鬼のボスとの件もあるので理由もなく殺すということもないでしょう。

侵入は上手くいったあと、イザベラと遭遇したエマたちが困惑する姿が目に浮かびます。

まとめ

2020年1月6日発売の週刊少年ジャンプより、約束のネバーランド【163話】ネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

約束のネバーランド

約束のネバーランド【20巻】が10/2に発売されました最終巻20巻を読むならU-NEXTがおすすめです。初回31日間無料でサイトを利用でき、付与されるポイントを使えば実質無料で読むことができます!ぜひチェックしてください。無料トライアル