約束のネバーランド

約束のネバーランド【173話】最新話ネタバレ確定&感想!ラートリー家の使命

こんにちは。2020年3月30日発売の週刊少年ジャンプより、約束のネバーランド【173話】「prisoners」を読みました。この記事では約束のネバーランド【173話】のネタバレと感想&174話の考察予想についてまとめました。

172話では、ピーターは負けを確信したため、エマを殺して子供達の未来を奪おうと考えました。

しかし、エマはピーターを殺そうなんてことは考えておらず、憎しみ、怒りなど全てから自由になるために、ピーターにも自由になろうとてを伸ばしました。

➡「約束のネバーランド」のアニメや最新刊を無料で読む

約束のネバーランド【173話】最新話ネタバレあらすじ

“世界を守る”ことがラートリー家の使命であり誇りでした。

まだ子供のピーターにとって、その使命を全うする兄ジェイムズは英雄であり世界一大好きな存在でした。

自分は兄を支えるために生まれてきたのだとピーターが喜んでいたとき、ジェイムズはユリウスが戦友を裏切って約束を締結、食用児を作り出したという記録を発見してしまいました。

教えられてきた美談とは全く異なる現実を知ったジェイムズからこの日から変わってしまいます。

二世界を守りながら食用児のことも考えて苦しむジェイムズとは対照的に、ピーターは世界を守るために大切な物を投げ出したユリウスが素晴らしいと感じました。

これこそがラートリーだと嬉々として語るピーターに顔色の悪いジェイムズは、これが”崇高な使命”ではなく”罰”であり”呪い”だと言います。

食用児を救おうとする兄は世界を危険に晒してしまう。ラートリーの一族の正当性にとりつかれたピーターは遂にジェイムズを粛清することにしました。

ジェイムズは死の間際、ピーターに「すまない」という言葉を残していました。

それを聞いて大泣きするピーターは、ジェイムズの分も使命を全うすると心に誓いました。

それが今、エマからは一族という立場を背負い、囚われていると言われています。

違う、自分は正しいと言い聞かせるピーターは、兄の行動は運命に抗い、自分を、ピーターを自由にさせたかったが故のものだったのか、と気付き始めます。

笑みを見せたピーターは、人間は食べもしないのに人間同士で殺し合いをしている、人間の世界も変わらないと言うと、”鬼は人間の鑑”だと言い切ります。

そして、自分の叔父に”コード Solid”と告げろと言うと言うと食用児の未来を楽しみにしながら自分の首を手に持っていたナイフで突き刺しました。

約束のネバーランド【173話】感想

今回はピーターの人生について描かれた話でした。ラートリー家の過去を知ってもなお、それが正しいと思ってしまうピーターは完全に狂っているもしくは洗脳されていると感じました。

普通の人間であればジェイムズと同じ考えを持つはずです。ジェイムズの回りにいた人は、ジェイムズが世界を変えようとしているのを手伝ってくれていました。

それなのに、弟であるピーターの指示でジェイムズは殺されたのです。何故ピーターの指示が受け入れられたのかはわかりませんが、なんとも悔しい結末でした。

約束のネバーランド【174話】考察予想

ピーターの死。これはエマが望んだ未来ではありません。しかしそれよりもエマが衝撃を受けたのは人間同士でも殺し合いをしていると言うことです。

確かに鬼はどこからともなく生まれて、食べたものの形質を受け継いでいました。つまり人間が殺しをするから鬼も殺しをするというのは当然のことなのです。

人間の世界に逃げることだけを考えて、人間の世界のことを考えていなかったエマはなにを思うのでしょうか。ピーターが残したコードSolidという言葉も気になります。

➡約束のネバーランド【174話】へ

まとめ

2020年3月30日発売の週刊少年ジャンプより、約束のネバーランド【173話】「prisoners」のネタバレと感想&174話の考察予想についてまとめました。

約束のネバーランド

約束のネバーランド【20巻】が10/2に発売されました最終巻20巻を読むならU-NEXTがおすすめです。初回31日間無料でサイトを利用でき、付与されるポイントを使えば実質無料で読むことができます!ぜひチェックしてください。無料トライアル