夜桜さんちの大作戦

夜桜さんちの大作戦【94話】最新話ネタバレ確定感想|長女の眼差し

こんにちは。ひらりです。

2021年8月23日発売の週刊少年ジャンプより、夜桜さんちの大作戦【94話】「長女の眼差し」を読みました。

93話では、

二刃の試験の概要が明らかになりました。二刃の技が込められたお茶を飲み干すことが出来れば合格という一見簡単な課題ですが、30分経過時点で半数が失格、

合格は宇佐たった1人という非常事態になっています。必死に飲み干す方法を考える太陽は・・・。

それでは、この記事では、夜桜さんちの大作戦【94話】の考察・展開予想とネタバレ確定&感想についてまとめました。

▼登録簡単!無料で読むならU-NEXT▼

U-NEXTがおすすめな理由

U-NEXT アニメ 無料

初回限定31日間無料

漫画ランキング▶こちら

今話題のアニメ▶こちら

▼今すぐチェック▼

▼月額課金制に不安を感じるなら「まんが王国」▼

まんが王国がおすすめな理由

月額課金制だと解約するのをうっかり忘れて利用しないまま数ヶ月・・・そんなことはありませんか?

そんな不安から解消!

毎日最大50%オフでお得!無料漫画・電子コミックが3000作品以上!1冊丸ごと無料期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信されているから!

▼3000冊以上無料で読めちゃう▼

夜桜さんちの大作戦【94話】最新話ネタバレ「試験合格の鍵は目の前に」

ラストシーン、太陽は合格ために必要なものに気がついた様子でした。

その際頭を過ったのは、「動作1つ1つ」、「鍵やシステムを潜り抜ける」、「仕事柄運が良かった」、「今ある情報を見つめる」などのワードです。

これは二刃と宇佐がいっていた言葉でした。仕事柄運が良いという宇佐の台詞は、記者である宇佐の観察能力を指しています。

その他の二刃のワードからも、答えはこれまでの二刃の行動、発言の中にあると読み取ることが出来ます。

その事に気づけただけで、すぐに答えを見つけることが出来るのでしょう。その答えとは‥。

夜桜さんちの大作戦【94話】最新話ネタバレ「お茶の立て方?」

この試験で二刃がしていることはお茶を立てることのみ。二刃は夜桜千家の茶の湯には動作1つ1つに意味を持っていると最初に言いました。

ここで改めてお茶の立て方を見てみると、普通にお茶を立てる動作をした後で器の中身を回転させています。

この3つの動作を見事逆にきっちり行うことが出来れば、お茶に封じ込められた合気は解かれるのではないでしょうか?

30分経過の段階でようやく合格した宇佐も、試験開始の時はじっと二刃を見ています。

あとは周りの失敗を確認して、正しい答えを導いたのだと考えればやはり重要なのは観察眼であると言えます。

夜桜さんちの大作戦【94話】最新話ネタバレ「失敗は成功のもと!」

太陽は他のスパイと違って30分間みっちり思考を続けていたように見えます。

その状態で大切なことに気づき、二刃の前に出ていきました。

いざ本番。しかし頭では分かっていても1度は失敗するかもしれません。

前回のラストですごくキメキメだったからこそ、失敗して吹き飛ぶ無様な姿が目に見えます。

それでも2回目で無事に成功。太陽の成功を見て何人かのスパイも、合格の方法に気づけると思いますがそれが成功するかはまた別の話です。次回で二次試験決着です。

夜桜さんちの大作戦【94話】最新話ネタバレ確定「長女の眼差し」

確信を持って茶を飲もうとする太陽を見て、二刃も太陽の合格を確信しました。

この試験の本質は茶に込められた合気をどうやって受け流すかではなく、視点を変えて解除することなのです。

二刃が合気を込める手順を逆から追うことで合気は解除できます。

難しいことではありませんが、それでも気づくことが出来た太陽を見て二刃は、太陽の昔を思い出しました。

太陽との思い出

裏社会を生きる兄弟と違って表の付き合いも必要だった六美は、色々と制約された生活で寂しさを感じていたはずです。

太陽は近所の子供であり、学校の物を届けてくれたりと時々六美と交流していました。

六美にとってはその交流も大切で、不自由ながら平和な日々を送れていましたが両親が死亡したと同時に平和も奪われてしまいました。

高校に入学するも学校に行くことが心配だった六美に、太陽は気をかけてくれていました。太陽は既に六美の支えになりつつあったのです。

朝野家の事故

その矢先、朝野家に事故が起きました。唯一生き残った太陽が心配で、六美はすぐに太陽の元に走りました。

凶一郎は六美の身を案じましたが、この時点で二刃は太陽が六美にとってかけがえのない存在になっていることに気がついています。

六美はそれから太陽のことを支え続けました。しかし、今思えばそれは逆だったのかもしれません。

太陽は少しずつ、日の当たらない夜桜家を明るく照らしていきました。

太陽が茶を飲み干し茶碗を下に置いた時、笑顔の二刃の目からは涙が流れていました。

二次試験の結果

太陽のおかげで合格方法に気づいた数名が茶を飲み干したところで時間終了。

68名中15名が二次試験を突破すると、床が抜けて15人どこかに落ちて行きます。

その先に待っていたのは最終試験試験官、夜桜凶一郎です。

▷夜桜さんちの大作戦【95話】へ

夜桜さんちの大作戦【94話】感想

合気の攻略方法は予想していた通り、逆の手順を踏むことでした。二刃をしっかり観察する必要があることに太陽はちゃんと気づくことが出来たのです。

太陽のおかげで他の13人も合格となりましたが、分かっていても出来ない者には出来ないようでした。

今回は試験の内容というよりは太陽が夜桜家にとってどれほど大切な存在であり、成長してくれたかが再確認される回であり、嫉妬している凶一郎も太陽をちゃんと認めていることが分かってほっこりしました。

まとめ

この記事では、夜桜さんちの大作戦【94話】の考察・展開予想とネタバレ確定&感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

夜桜さんちの大作戦

U-NEXT

夜桜さんちの大作戦を1冊無料で読むならU-NEXTがおすすめです。

その理由は・・・

初回31日間無料

もらえる600ポイントで、1冊459円の「夜桜さんちの大作戦」をポイントを使って、実質無料になります。