週刊少年ジャンプ

夜桜さんちの大作戦【19話】最新話ネタバレ確定!週刊スパイに掲載された夜桜家の披露宴

こんにちは。2020年1月4日発売の週刊少年ジャンプより、夜桜さんちの大作戦【作戦19.公務員スパイ】を読みましたのでご紹介します。

18話では、業界向けの結婚披露宴を開催した太陽&六美。 夜桜の一員となる太陽の品定めだと暴走する凶一郎を止めたのは、亡き母親のビデオレターでした。

伝統行事である銃弾シャワーのバージンロードを走り抜ける太陽、六美、そして夜桜家の新展開が始まります。

夜桜さんちの大作戦【19話】最新話ネタバレあらすじ

週刊スパイに掲載された夜桜家の披露宴。

太陽のことを話題に上げる王牙と興味がない様子の翠は、とあるミッションを完了させたようです。

その太陽はトレーニング中でしたが義理の弟に当たる七悪から出先の迎えに来て欲しいと連絡を受けます。

場所は七悪曰く毒ガスを作っている「悪の科学研究科」。

そこで開発された「ソドム」という、爆発すれば半径十数キロの生物が死滅する細菌爆弾を無力化する任務で潜入していたのです。

七悪はソドムを無力化するため、常人よりも遥かに優れた無毒化機構を生かすべく、まさかの口に入れる行為をします。

どうやら3時間程で無力化出来そうですが、この能力の副作用として急激な睡魔に襲われるため自分を回収して欲しいというのです。

七悪の指示どおり万代田区の研究所に侵入した太陽ですが、職員たちは負傷し、セキュリティも既に破られていました。

研究所は既に2人のスパイが襲撃をした後です。

分銅鎖の使い手はド近眼の犬神王牙。

そして太陽に名刺を渡すクールな相方は蒼翠。

2人は政府直属の諜報機関「ヒナギク」に所属する公務員スパイ。

夜桜のような自営業スパイでさなく、国の命令で動くエリートです。

ともかく3人で研究所の侵入を続けることになり、太陽は倒れている七悪を発見します。

翠たちの目的も秘密兵器の無効化でした。

そのためにソドムを飲み込んだ七悪を殺すつもりだったのです。

国の安全のためだと言う蒼に対峙する太陽は、弟は殺されせないと立ちはだかりますが、王牙の制止も虚しく蒼の刃に切り刻まれてしまいます。

息絶え絶えに七悪を殺さないように懇願する太陽ですが、蒼は無駄な上に情けない言動だと、止める様子はありません。

しかし、七悪が間一髪のところで目覚めると、ソドムの無効化が完了したと蒼に報告します。

蒼は証拠として七悪の汗による無効化のテストシートを受け取り、王牙と共にその場を後にします。

七悪に介抱され助けてくれた礼を言われる太陽でしたが、何もできなかったと蒼の強さを痛感するのでした。

夜桜さんちの大作戦【19話】感想

夜桜の一員になった太陽に素直にお兄ちゃんと言う七悪。そして新章開幕に伴い新キャラが2人登場しました。

王牙は熱血に人情味あるジャンプ的なキャラですが、対照的な蒼は冷静な性格そうです。そして所属が政府直属の証しとして名刺や刀の鞘にはお馴染みの菊の文様がありました。

まさかスパイに官民と違いがあるとは思いもしませんでしたが、果たして公務員試験があったのか気になります。名刺を見ると内閣諜報室所属らしいですが、公安とは別組織のようです。

夜桜さんちの大作戦【20話】考察予想

今回のミッションは蒼と七悪のダブルブッキングでした。もしかして、表向き蒼たちに任務を与えたように見せかけ、裏で政府が夜桜家に仕事を依頼していた可能性があります。

以前、太陽が花輪に負けてリベンジを誓った時と同じような流れになりましたが、ダメージは今回の方がありそうです。

また、蒼ともし対決することがあれば、それは政府への利敵行為となりかねません。真っ当な理由が必要となり、その辺りの辻褄合わせは工夫が必要にあります。

まとめ

2020年1月4日発売の週刊少年ジャンプより、夜桜さんちの大作戦【作戦19.公務員スパイ】のネタバレと20話次話考察予想についてまとめました。