呪術廻戦

呪術廻戦【108話】最新話ネタバレ確定&感想|渋谷事変㉖衝撃!直毘人が?

こんにちは。2020年6月1日発売の週刊少年ジャンプより、呪術廻戦【108話】『渋谷事変㉖』を読みました。

107話では、七海、真希、直毘人の前に現れた呪霊「陀艮」は体力が段違いなので、3人で速さを武器に戦いますが、効いているのは直毘人の攻撃くらいです。

陀艮に攻撃のタイミングを与えない直毘人でしたが、陀艮に領域展開を許してしまいました。

それでは、この記事では、呪術廻戦【108話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

呪術廻戦【108話】最新話ネタバレあらすじ

陀艮の領域展開「蕩蘊平線(たううんへいせん)」で飛ばされた3人は南国のような場所に移動し、真希と七海は式神の魚により傷をつけられてしまいます。

この式神が陀艮の領域の必中であり、七海と真希は傷を受けるまで式神に気が付くことさえできませんでした。

そもそも当たるまで存在していなかったのかもしれません。

直毘人だけは他の2人とは違い式神の肴を真っ二つにしていました。

海の中に居る陀艮は直毘人だけは残る2人と違うことに気が付きます。

直毘人が使ったのは「落花の情」御三家に伝わる秘伝で。対領域の術です。

自らの領域を展開しないため敵には気づかれず、必中の術式が触れた瞬間に呪力を解放しカウンターで身を守るのです。

3人の力量を見定めた陀艮は直毘人7、七海3の割合で戦うことにします。

術式解放「死累累湧軍(しるるゆうぐん)」。

陀艮の回りに先ほどの式神とは違う巨大で危険な魚たちが大量に現れました。七海は魚たちは次の瞬間には自分達の体をえぐるから考えずにとにかく叩き落せと。

呪力のない真希に忠告します。

しかし忠告をした七海が先に魚に噛みつかれてしまいました。七海が怯んだ隙を突いて、大量の魚が七海に噛みついてきました。

七海から血が飛び散ります。

落下の情で魚の攻撃を防いでいる直毘人も衰えることのない魚の勢いに危機感を感じていました。

直毘人の前に出来る落下の情の壁にぶつかる魚は、直毘人の視界を完全に奪っています。

するとそこを突いて陀艮が直接直毘人を殴り飛ばしました。攻撃を受けた直毘人は、七海の様に式神の攻撃を受けてしまいました。

陀艮は生命の源である海であり、死累累湧軍はその海から際限なく湧き出るのだと言います。

陀艮の後ろでは真希も式神の攻撃を受けていました。

陀艮はこの中で1番弱い真希にトドメを刺そうとしました。

真希は陀艮の攻撃を正面から受け林の中へ飛ばされますが、真希はすぐに立ち上がって出てきました。

弱いと思うなら1撃で仕留めろと言う真希に、陀艮は七海と直毘人の様に式神をぶつけようとします。

真希がここに来る前に伏黒と合流しておかなかったことを悔いたその時、「嵌合暗翳庭(かんごうあんえいてい)」と領域展開が為され、海の中から伏黒が現れました。

伏黒は真希にヌンチャクのような物を投げつけました。特級呪具「遊雲(ゆううん)」。真希の表情が変わります。

呪術廻戦【108話】感想

陀艮の領域展開の中でも直毘人があっという間に陀艮に勝ってしまうのだと思っていたので、直毘人もピンチに陥ったことは衝撃的でした。

陀艮が初めから真希を敵として認識していなかったことはとても腹立たしいことだったからこそ、ラストで真希が自信に満ち溢れた表情をしたことはかなり爽快でした。

七海でさえも役に立たないと思っていた真希が七海と直毘人を助ける形になるのではないか、ととても期待しています。

呪術廻戦【109話】考察予想

特級呪具「遊雲」はヌンチャクです。ただのヌンチャクではなく、真ん中の鎖の部分が伸びるのではないかと思っています。

ヌンチャクであれば扇風機の様に目の前で回して魚を止めることも可能です。式神による攻撃はもう受けることが無いでしょう。

しかし直毘人の様に直接陀艮が来る可能性もあります。

七海と直毘人の今の状況が分からないので何とも言えませんが、真希のおかげで式神が消えたら七海と直毘人が一緒に陀艮にトドメを刺すのではないでしょうか。

➡呪術廻戦【109話】へ

まとめ

2020年6月1日発売の週刊少年ジャンプより、呪術廻戦【108話】『渋谷事変㉖』のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。