呪術廻戦

呪術廻戦【142話】最新話ネタバレ確定&感想|衝撃!脹相の脇腹から!

こんにちは。ひらりです。

2021年3月15日発売の週刊少年ジャンプより、呪術廻戦【142話】「お兄ちゃんの背中」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

141話では、呪力操作を行い乙骨に応戦する虎杖は流石五条の生徒だと感心されるほどでしたが、

リカの出現により動きを封じられ乙骨に刺されてしまいました。

その頃直哉を止めている脹相は、その正体を聞かれ10人兄弟の兄であると答えていました。

▶「呪術廻戦」を1冊無料で読む

呪術廻戦【142話】最新話ネタバレあらすじ

直哉が聞きたかったのは脹相の術式としぶとさに関してでしたが、脹相が答えないため直哉はステップを使い脹相の背後に回りこみます。

しかし脹相は直哉の動きについてきていました。

その動きを見て直哉は脹相が赫鱗躍動を使い動体視力を上げていることに気づきます。

元よりカウンターを前提に動いていた直哉は、伸ばされた脹相の腕を避け脹相の腹に思い打撃を入れます。

脹相は壁に叩きつけられました。

再び体勢を戻した時、脹相の脇腹から血が噴き出してきました。

直哉は打撃の瞬間に小刀を脹相に突き刺していたのです。

血液を使う術式で止血に気をまわしながらどこまで戦えるか、と直哉は言います。

本来であれば刃物など使いたくない直哉ですが、なければ勝てないとなれば別です。

そんな話と同時に兄弟のことも悪く言う直哉に、脹相は兄弟のおかげで自分があるのだと語ります。

兄が正しければついて行く、兄が間違えばその道を避ける、そうやって弟は出来上がるのです。

脹相は直哉が聞いた自分のしぶとさについて答えます。

脹相は長男として常に弟の前を歩き続けてきました。手本もなく、何度も間違えて進んで来たからこそ脹相は強いのです。

脹相の脇腹から致死量にも見える血が流れだしてきました。

そしてその血が波となり直哉の方へ襲い掛かります。

九相図は呪力を血液へと変換できる特異体質であり、呪力がある限りは失血死しないのです。

脹相は血を目くらましに直哉の前から姿を消しました。そして死角から穿血で攻撃をします。

穿血は遅く直哉は簡単に避けて見せますが、直哉の足元まで流れている血が直哉の動きを封じました。

これで詰みだと言う脹相が穿血の構えに入ります。

直哉は事前に術式で作った動きを後追い出来るため避けることが出来ると向かい合ったその時、脹相は150年向き合い続けたオリジナル術式「超新星」で直哉を倒します。

その直後、脹相の背後には虎杖を引きずる乙骨が現れます。そして脹相を殴りました。

呪術廻戦【142話】感想

前回は虎杖戦のラストで脹相のシーンとなり、今回は脹相戦のラストで虎杖が出てきました。

兄弟の死をどこにいても感じ取れる脹相が虎杖の状態に気づくことが出来なかったのは、

闘いが過熱していたからなのかそれとも虎杖が死んでいないからなのか・・・。

前者であることを祈りたいです。

脹相の方が直哉よりも強かったためこのまま勝利し虎杖のところに向かうかと思いきや、ノーダメージの乙骨が出て来てしまった今も状況は最悪ですね。

0巻と比べると目に光がない乙骨の姿は見ていて悲しく思います。

呪術廻戦【143話】考察予想

一撃で脹相を倒れさせた乙骨は左腕に呪力を込めています。これは脹相にトドメを刺すためでしょうか。

五条と並ぶ、もしくは五条を超えるほどの呪力量を持つ乙骨にやられれば、脹相はすぐに払われてしまう事でしょう。

今の虎杖は気を失っているのだと思いますが、また自分のせいで誰かが消えてしまうことは辛いはずです。

そもそも九相図ということで完全な呪霊ではない脹相を祓うと言うことは殺すことになります。

それでも今の状況であれば乙骨は躊躇わず脹相を殺すのでしょうか。

▶︎呪術廻戦【143話】へ

まとめ

この記事では、呪術廻戦【142話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてください。