呪術廻戦

呪術廻戦【144話】最新話ネタバレ考察|虎杖の答え!辛い葛藤の中で戦い続けるのか!

こんにちは。ひらりです。

2021年3月29日発売の週刊少年ジャンプより、呪術廻戦【144話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(▶144話の確定はこちら

143話では、虎杖は乙骨の反転術式により蘇りました。

乙骨は五条から虎杖のことを任され、死刑を回避するための演技をしていたのです。

伏黒も現れ高専に戻るように言われた虎杖は拒絶するも、始まった死滅回遊から津美紀を助けるために戦ってくれと言われます。

呪術廻戦【144話】最新話ネタバレ「虎杖の答え!辛い葛藤の中で」

自分のせいで大勢の人が死んでしまった、と責任を強く感じて高専に戻ることを虎杖は拒みました。

しかし虎杖は今そんな自由なことを言っている場合ではありません。

ただひたすらに人を助けなければいけない、そのために自分を助けてくれと言う伏黒の言葉は虎杖の心に届いたのでしょうか。

津美紀を助けたい、その伏黒の気持ちは虎杖も痛いほどわかっているはずです。

辛い葛藤の中で虎杖は戦い続けるという答えを出してくれるのではないでしょうか。

呪術廻戦【144話】最新話ネタバレ「脹相は今!」

そもそも今虎杖や乙骨、伏黒がいる場所がどこであるかが不明ですが、その場に脹相の姿は見えません。脹相は乙骨が来た時に倒されてしまったからです。

脹相は死んでしまったのでしょうか。

戦うことを決めた時、虎杖は脹相のことを気にします。

受胎九相図という複雑な存在の脹相を乙骨が生かしたか殺したかは分かりません、それでも、虎杖は一緒に戦ってくれた脹相が殺されていればまた責任を感じることでしょう。

生きていることを願うばかりです。

呪術廻戦【144話】最新話ネタバレ「死滅回遊!加茂憲倫が仕組んだ殺し合い」

加茂憲倫が仕組んだ殺し合いが死滅回遊です。呪術を与えられた者は千を越えます。

その中に津美紀も含まれるわけですが、死を回避し津美紀から術式を奪うことは可能なのでしょうか。

参加を宣誓せずに術式を剥奪されたとして、もし同時に呪いが命を奪うのであれば参加しないという選択肢はなくなります。

始まった死のゲームで伏黒は津美紀に攻撃することが不可能であるため、やはり虎杖など第三者の存在は不可欠になります。

これから始まる死のゲーム。虎杖は人を助けるために動けるのか注目です。

まとめ

この記事では、呪術廻戦【144話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。