呪術廻戦

呪術廻戦【156話】最新話ネタバレ考察|秤金次の術式とは!?

こんにちは。ひらりです。

2021年8月30日発売の週刊少年ジャンプより、呪術廻戦【156話】が掲載されます。

155話では、秤の中身を順調に知れつつあった虎杖でしたが、星から連絡が入ったことで秤が警戒モードとなり虎杖が高専関係者であることがバレてしまいました。

今だ話を聞いてもらおうとする虎杖ですが、秤はもう虎杖の言葉に耳を貸そうとしません。

それでは、この記事では、呪術廻戦【156話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(▷156話の確定記事はこちら

呪術廻戦【156話】最新話ネタバレ考察「秤金次の術式とは!?」

前回、虎杖が高専関係者だと分かったことで戦闘体制になった秤の術式が遂に使われました。

最初は襖が出てきたのかと思いましたが、よく見てみると出てきたのは電車のドアのように見えます。

ドアと言っても現時点では空間を移動出来るものではなく、単に好きな場所にドアを出して相手を挟み込むだけという情報しか分かりません。

その術式がそこまで強いのだろうか、という疑問が生まれるためやはり秤の強さはそもそもの肉体や戦闘スタイルにあると予想します。

呪術廻戦【156話】最新話ネタバレ考察「星の交渉は上手くいくのか!?」

伏黒とパンダは秤の交渉をしている虎杖を守ることの他に、星を懐柔して秤と交渉する道具にしようとしています。

秤と共に高専に捨てられたと感じている様子の星ですが、どこか甘い部分も持っていそうです。

もしかしたら話を聞いてくれるかも知れません。

しかし問題はもし星を説得することが出来たとしても、秤との交渉には何の役にも立たない可能性があることです。

秤の性格から考えるに、星が何を言ったところで自分が全てであり、逆に丸め込まれた星を突き放す可能性もあります。

呪術廻戦【156話】最新話ネタバレ考察「虎杖も本気に!」

伏黒に言われた通りに”お願いする側”としてまだ下手に出ている虎杖ですが、このままでは危ないことも確かです。

既に冷めてしまった秤には喋りながら戦ったことで絶対に聞いて貰えないため、喋るだけ無駄です。

秤に話を聞いてもらうために必要なのは、秤の熱を再燃させることです。

その鍵になるものが宿儺の存在であると予想しますが、もしこの場で宿儺が出てきた場合待っているのは地獄です。

近くには伏黒もいるため危険以外の要素がありません。自分の存在と宿儺のことをどうにか伝えて、秤の興味を引くことは出来るのでしょうか?

まとめ

この記事では、呪術廻戦【156話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。確定は発売後に追記します。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。