呪術廻戦

呪術廻戦【78話】最新話ネタバレ確定&感想!玉折-参-|79話を考察

こんにちは。2019年10月7日発売の週刊少年ジャンプをいちはやく入手しました。呪術廻戦【第78話】「玉折ー参ー」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

77話では、呪霊を生まれなくするために、この世を術師だけの世界にすれば良いという思想を知った夏油が、自分の中での葛藤を乗り越え、自分の心に忠実に生きることに決めました。手始めに任務で行った村の非術師を皆殺しににしてしまいます。

➡「呪術廻戦」の最新刊を無料で読みたい方はこちら

呪術廻戦【78話】最新話ネタバレあらすじ

夏油がしでかしたことを担任から伝えられた五条は、目を見開き、この話を信じることができません。

実家にも居らず、両親も手にかけて逃げている夏油。

担任自身の、何がなんだか分かりません。街中で家入に夏油が声をかけてきました。

夏油がやったことはもちろん家入も知っています。

夏油の動機を聞き、理解が出来ない家入ですが自分では敵わないことを知っているからか、何もする気はなく、笑いながら五条に連絡します。

そして、五条が夏油の前に現れました。

五条は夏油に説明を求めます。

夏油は家入に話した通りだと言いますが、納得の行かない五条は夏油を質問攻めにします。

術師だけの世界なんて作れないと言う五条の言葉を聞くと、笑っていた夏油の顔から笑みが消え、五条ならそれができるだろう?と言います。

夏油は自分にできることをするだけ、と言って五条の前から去っていこうとしますが、五条は急いで構えます。

しかし、夏油を殺すことは五条にはできませんでした。夏油を追わなかった五条ですが、担任はその事を責めませんでした。

五条が自分の強さについて担任に確認すると、担任は強いと答えますが、五条は強くても他人に救われる準備がある人間しか救えないと話します。

夏油の場面になります。解体された盤星教と同じような団体のもとを訪ねてきている夏油の目的は金と呪霊を集めることです。

この時既に僧侶に袈裟を身につけていました。

支部長などの重役が集まっていることを確認すると夏油は前に出ていき、この団体を自分のものにすると宣言します。

予想通り反対多数。

夏油は笑いながら壇上に重役である園田を上げると、呪霊を使い殺してしまいます。

返り血を拭いながら、夏油はこの場にいる全員に、従え、と言います。

その頃、五条は伏黒恵のもとを訪ねていました、声をかけたのは五条の方ですがとても嫌そうな顔をしています。

そのことを伏黒に指摘されると、そっくりだと思ったと答える五条ですが、伏黒はなんのことか分かっていません。

父親とそっくりだと五条は感じていたのです。

呪術廻戦【78話】の感想

夏油が現在と同じ装いになりました。事件のことを知ったあと、五条は夏油を殺しきれずに取り逃がしたのだと思っていましたが、全く攻撃自体することができなかったのですね。

今までずっと友達をしてきたのだからしょうがないのでしょうか。今回の話のスタートから五条の表情が豊かだったのは嬉しかったです。

初めの、夏油の事件のことを聞いて信じられない時の顔が1番好きでした。ラストの顔も子供相手にしてはなかなか良い顔をしていました。

呪術廻戦【79話】を考察

回想編はこれで終わりだと思っているのですがどうでしょうか?伏黒恵に出会ってしまったら今にそのまま繋がっていくでしょう。

回想編もなかなか面白かったのでもっと続いて欲しかったです。夏油を止めることが出来ないまま、今は五条の方が狙われているのが現状です。

五条が負けてしまうこともあり得るのでしょうか。回想編が終われば、久々の虎杖登場です!主人公なのに全然出てこないから、五条が主人公だと勘違いしてしまいそうでした。

➡呪術廻戦【79話】へ

まとめ

呪術廻戦【第78話】「玉折ー参ー」のネタバレと感想&79話の考察についてまとめました。

➡「呪術廻戦」の最新刊を無料で読みたい方はこちら