呪術廻戦

呪術廻戦【87話】ネタバレあらすじ確定&感想|渋谷事変⑤

こんにちは。2019年12月9日発売の週刊少年ジャンプより、呪術廻戦【第87話】「渋谷事変⑤」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

86話では、真人を倒すために向かった先で虎杖はバッタの呪いと遭遇します。帳を守っていると話すバッタ、虎杖は帳を張っている物体を壊そうとします。

しかし、人間を喰っていたバッタに怒り、バッタの呪いとの戦いを始めます。

➡「呪術廻戦」の最新刊を無料で読む

呪術廻戦【87話】最新話ネタバレあらすじ

バッタの説明から話は始まりました。

大食漢であるバッタは不快な咀嚼音を昼夜問わず響かせ、群れが去った土地は分泌液で黒く染まる。人々に恐れられ、憎まれ、呪われた悪魔のような昆虫。

驚異の速さで顎を動かし、頭を四方八方に振るバッタ。駅の案内板は噛み砕かれます。

虎杖はバッタのバネと顎に驚きながら、バッタがそれなりのレベルの呪いであると推測します。

バッタは一瞬のうちに虎杖の真横に移動するとパンチをしてきました。避けてからバッタと距離をとる虎杖。

バッタは逃げてばかりいる虎杖に、お前は賢いのか賢くないのか、と質問します。

虎杖は、賢い奴は自分を賢いとは言わないと答えます。

その事実にバッタ衝撃です!虎杖は手数勝負に出ました。

2本腕対4本腕なので少しでも早くパンチを繰り出します。

腕も顎も目も人間よりもバッタの方が優れているはず。それなのに殴られているのはバッタだけです。

バッタは口から血を噴き出しながらも、虎杖に殴りかかります。そして自分の方が賢いと確信しました。

バッタの腹部は産卵時に土にさせるように伸縮し先端が固くなっている。

バッタはその尖った先端を虎杖の顔面めがけて伸ばします。勝った。確信したバッタでしたがその腹部を虎杖に殴り切られてしまいました。

人間を喰ったバッタに対する怒りが強い虎杖とバッタの間には埋められない実力差があったのです。

虎杖はバッタが守っていた帳を張っている物体を破壊します。帳が上がりました。冥冥は帳が上がったのを確認すると虎杖を待ちます。

バッタがやられたことに気づいた真人。

真人は闘いたかったと思いながらも、B5階で自分の仕事に取りかかります。

呪術廻戦【87話】感想

バッタとの戦いは2回で終了しました。かなり強い相手なのだと思いましたが、初めから人間を食べていたバッタに怒りが沸き上がっていた虎杖はバッタに圧勝しました。

もともとかなりある実力差。虎杖の強さは再現ないのかなと思います。そのうち五条並みに強くなる日が来るのではないでしょうか?

ラストシーンでは真人が登場しました。仕事があると言う真人が何をするのか気になります。また死んだバッタがあんなに賢さに執着していたのはなぜなのでしょうか?

呪術廻戦【88話】考察予想

次回は真人が言う仕事が中心になるの可能性もありますが、五条の戦いに場面が戻る気がしています。花御が祓われてしまったので3対1から2対1に変わりました。

五条はあまり気にしていなかった脹相が残っていますが、この脹相の方が実は漏瑚よりも厄介な敵なのではないかと予想しています。

それでも、バッタVS虎杖のように、五条と呪霊の間にも埋まることのない実力差があるでしょう。ぱっぱと倒してくれることを期待しています。

➡呪術廻戦【88話】へ

まとめ

呪術廻戦【第87話】「渋谷事変⑤」のネタバレと感想&88話の考察予想についてまとめました。