アンメット-ある脳外科医の日記-

アンメット-ある脳外科医の日記-49話ネタバレ!治療法がない病気

2022年2月3日発売のモーニングより、「アンメット-ある脳外科医の日記-」49話についてネタバレをまとめました。

前回のあらすじ

綾野は大迫教授の秘密を暴こうと、独自に動いています。

西島先生はそれを見かねて三瓶先生にあるお願いをしに行きました。

 

アンメット-ある脳外科医の日記-48話のネタバレはこちら

アンメット-ある脳外科医の日記-49話ネタバレ!

西島先生がこの病院に来て三瓶先生と話をしに来たのは理由がありました。

川内先生の事情に、これ以上綾野くんを巻き込まないでほしいと言うことなのです。

三瓶先生は今までずっと大迫教授のことを疑っていました。

しかし教授は三瓶先生が思っているような人間ではないと言うのです。

しかし三瓶先生はそれでも大迫教授の追及を止めるつもりはないようです。

西島先生はそれを聞いてさすがに声を荒立てています。

西島先生はさすがに三瓶先生の意見を聞いて感情的になってしまいました。

三瓶先生は大迫教授みたいに、たくさんの人が幸せになると言う考えを持ってやっている人の方が余計に怪しいと自分なりの信念を持っているようです。

結局2人の意見はお互いに平行線をたどってこの日は別れることになってしまいました。

2人が異常な感じで屋上から帰ってきたのでさすがに川内先生は声をかけました。

川内先生は自分に関係することで何か争っているなら教えてほしいと言うことでした。

川内先生は過去にてんかんの症状を引き起こしている可能性があると。

その証拠を掴むためにいろいろ探っていたのですが、そのことを西島先生に知られて巻き込まないでくれと釘をさされてしまったのでした。

その頃、綾瀬は大迫のファイルにアクセスするためにパスワードを適当に打ち込んでいたのですが、やはりそれが成功するわけはありませんでした。

 

 

アンメット-ある脳外科医の日記-49話の感想

パスワードを入力する場面で織田裕二が出ていたドラマを思い出したのは自分だけでしょうか。

確か氷室社長パスワードがわからないとその先どうしようもないところで、織田裕二がHIMUROというアルファベット6文字のパスワードをコンピューターに打ち込んで、見事秘密のファイルにアクセス成功したシーンです。

あれは当時の感覚で言ってもどうかなと思ったんですけど、今だったらパスワードに自分の名前を使うなんてとかいろんな意味でめちゃくちゃ批判されるでしょうね。

で、その例があるから今回もこういう単純なパスワード突破するのかなと思ったんですけど、逆にパスワードが間違っていたことで安心するとともにやっぱりそうだよなと思いました。

もしかしたら作者が織田裕二のドラマを知っていてオマージュしたのかもしれませんね。