アンメット-ある脳外科医の日記-

アンメット-ある脳外科医の日記-47話ネタバレ!陰謀がうごめく医療界

2022年1月13日発売のモーニングより、「アンメット-ある脳外科医の日記-」47話についてネタバレをまとめました。

前回のあらすじ

山本さんの職場復帰に会社の渋い顔をしているらしい。

三瓶先生は正しく病気のことを知ってもらうために会社に説得に向かった。

三瓶先生の言い分としては病気の人も普通の人と同じように扱ってほしいと言うことであった。

 

アンメット-ある脳外科医の日記-46話のネタバレはこちら

アンメット-ある脳外科医の日記-46話ネタバレ!

ミヤビの脳波の検査は異常が見つからなく無事に終わったらしい。

三瓶先生が誘発テストや過呼吸をあと引き起こすテストをやってみてもやはり異常は見られませんでした。

ただしこうやっててんかんの以上をテストで発見できる確率は50%しかないらしい。

つまり本当に異常がないか確認するためにはテストを何回も言わなければいけないと言うことなのでした。

テストを終えた三瓶先生に風間先生たちが声をかけてきました。

風間先生は自分たちがいるから夜中でも呼び出してくれて構わないと言っています。

廊下には以前三瓶先生が手術した瀬戸村さんの親子もいました。

こうやって無事に退院できたので先生に挨拶しに来たのでした。

三瓶先生は気になったことがあったので瀬戸村さんに問いかけました。

てんかんの予防的に服用する薬を出してもらっているかと。

瀬戸村さんのいちど薬を飲む必要は無いと大迫先生から言われていたそうです。

先日の一件があったのでなぜ大迫先生は薬を進めていないのだろうかと疑問に思って調べてみる三瓶先生。

確かにデータを見ると薬をすすめていないのは間違いではないがどうにも山平先生には引っかかることがあるようです。

三瓶先生は事実を調べるために出かけることにしました。

その頃大迫先生は西島同窓会長と一緒に会食をしていました。

会長は珍しい肉が好きでそれは予約しないと食べれないものなのだと言っています。

会長は綾野に論文の進み具合はどうかとといかけました。

どうやら脳疾患の患者が丘陵セントラルに流れているらしく論文がはかどっていないと答えます。

アンメット-ある脳外科医の日記-46話の感想

前回の話って少し釈然としない感じでしたけどあれで終わりなんですね。

山本さんはあのまま作業現場で働いてていいのかなと思ってしまいました

ともあれ現行不一致の大迫先生が何か気になる動きをしてもいるのは事実です。

人の命を自分の昇進のために利用する悪い輩がいるということなんでしょうか。