アンメット-ある脳外科医の日記-

アンメット-ある脳外科医の日記-50話ネタバレ!予防投与ではなかった

2022年2月10日発売のモーニングより、「アンメット-ある脳外科医の日記-」50話についてネタバレをまとめました。

前回のあらすじ

綾野の政略結婚は粛々と進められようとしている。

一方三瓶先生は大迫教授に不審な点があると感じて独自に動き出す。

しかしこういった者たちに巻き込まれている女性たちがいるのも確かのことだった。

 

アンメット-ある脳外科医の日記-49話のネタバレはこちら

 

 

アンメット-ある脳外科医の日記-50話ネタバレ!

大迫教授は自分のパソコンに何者かがアクセスしようとしているのを発見しました。

西島先生は綾野先生に表示のパソコンに何者かが侵入しようとしたらしいと説明しました。

綾野先生はしらばくれていますが西島先生には犯人が分かっています。

綾野先生は脳波室ならミヤビのデータが残されているんじゃないかと言うことに気が付きました。

そしてその目論見は半分当たっていました

そこにアクセスするとミヤビのことが書いてあるファイルを7つ発見します。

ファイルにアクセスして驚くべきことがわかったのでした。

綾野は三瓶先生に電話で報告します。

ミヤビは少なくとも7回は脳波の検診を受けていたことが発覚しました。

しかし驚くのはここからです。

なぜかその7回の検査の記録が全てパソコンから削除されていたのでした。

ミヤビもさすがにそれを聞いて顔青くしています。

しかしそこから導かれる事は少なからずはあります。

7回も脳波のことを調べるのはやはり普通ではないことです。

仮に発作があったとしても普通は2、3回で7回は絶対に多すぎると三瓶先生は考えています。

さらにミヤビに薬を飲ませ続けていたのは予防のための薬だと説明していた事実があります。

これではとても薬を飲む事は予防だったとは思いません。

3人がそんなことを話していると病院には急患がはこばれてきました。

手術は無事に成功したのですが時計は既に12時を回ってすっかり遅くなっています。

ミヤビはさっきの手術の記録をパソコンに打ち込んでいます。

そうしているうちに大変なことが起こりました。

アンメット-ある脳外科医の日記-50話の感想

当たり前ですけど病院と言うものは警備上監視カメラがたくさんありますから、パスワードにアクセスをしようとした犯人はすぐに見つかりますよね。

綾野もただでは済まないでしょう。

そしてここまでして隠さないといけないと言うミヤビの症状とは一体なんなのでしょうか。

本当に正しいのは三瓶先生が大迫教授か。