あせとせっけん

あせとせっけん【56話】最新話ネタバレ感想|いらっしゃい、麻子ちゃん

こんのちは。2019年11月14日発売のモーニングより、あせとせっけん【第56話】「いらっしゃい、麻子ちゃん」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

55話では、麻子とカリスマ女子社員である椿嶺花が初対面しました。といっても以前倉庫内で逢引きがバレてしまいそうになった麻子はドキドキが止まりません。

嶺花に肌を褒められた麻子は自分の汗にも自信が持てるように、少しだけ考え方が変わりました。

➡「あせとせっけん」の最新刊をお得に読む

あせとせっけん【56話】最新話ネタバレあらすじ

実家挨拶を前に麻子は錯乱しています。

ワンピースを両手に持ち、どちらがいいかと香太郎に尋ねます。

香太郎は普段のような格好で良いと、いくつかコーデを提案してくれます。

麻子はその間、荷物は多くても大丈夫かや汗ケア用品はどのくらい持っていけばいいかなど新たな悩みが発生しました。

香太郎は何でも心配しすぎな麻子に、家族は麻子と話したいだけで歓迎しているからそんなに気にしなくても大丈夫だと言います。

麻子は歓迎されることはとても嬉しいが、それでもできるだけ香太郎の家族によく見られたいと気合を入れるのです。

実家挨拶当日。

麻子の緊張はピークに達していました。

止まらない汗を鎮めるため、麻子はトイレへと急ぎます。

入念に汗のケアをしてインナーまで着替えます。

また不安が麻子を襲います。

楽しく話せるのだろうか・・・、香太郎も麻子の家に来るときは同じ気持ちだったのだろうか・・・。

その時、どうしてすぐに結婚ではないのか、という父の言葉が麻子の頭を過ります。

これは同棲を始める前にされた質問で、今は同棲を始めて1ヵ月が立っています。

今の自分はどう考えているのか、麻子は分からないでいます。

トイレを出た麻子が香太郎に合図を送ると同時に、横を歩いていた女性が”お兄ちゃん”と叫びます。

驚く麻子の横にいたのは、香太郎の妹柚香だったのです。

麻子を見ると顔を赤くして興奮気味に話しかけてくる柚香に、麻子は圧倒されます。

そこに香太郎が割って入り、何とか落ち着きます。弟とは真逆の性格である柚香をかわいいと言う麻子に、柚香はすぐに打ち解けて抱き着きます。

その時、麻子の胸が大きいことに心の中ですごく感動します。

香太郎に麻子から引きはがされると、車に乗り安全運転で実家へ向かいます。

車内で今日は麻子さんいらっしゃいパーティーだと言われ、麻子は言葉にしないもののとても喜んでいました。

香太郎実家に到着、玄関では香太郎の母親が待っていました。笑顔で麻子に”いらっしゃい”と言ってくれます。

あせとせっけん【56話】の感想

柚香の人見知り一切なしな性格は多分麻子にすごく合っていますね。香太郎しかり、ぐいぐい来てくれる人の方が静かに生きてきた麻子の世界を広げてくれると思います。

彼の実家挨拶は女の子にとっては一大イベントです。きっと家族はそんなに気にしていないけれど、それでも失敗は許されないと思って麻子は準備をしてきました。

この挨拶、成功して2人の付き合いを温かく見守ってもらえるようになると嬉しいです。お母さん、優しそうで良かったです。

あせとせっけん【57話】考察予想

香太郎の母との初対面です。妹はとてもフレンドリーで香太郎とよく似ています。兄弟が良く似ているということは親も同じような性格なのではないでしょうか。

まだ父親に関しては少しも出てきていないのでどのような性格なのか分かりませんが、きっと目の見えない母親を支えれくれるとても優しい人だと思います。

自分の身の周りのことができると言っても目の見えない人のことは分かりません。麻子は香太郎の実家で、新たな何かに気付くでしょう。

→あせとせっけん【57話】へ

まとめ

あせとせっけん【第56話】「いらっしゃい、麻子ちゃん」のネタバレと感想&57話の考察予想についてまとめました。

➡「あせとせっけん」の最新刊をお得に読む