ブルーロック

ブルーロック155話ネタバレ最新確定と感想は?第二段階で行われる新英雄大戦!

こんにちは。ひらりです。

2021年12月8日発売の週刊少年マガジンより、ブルーロック【155話】「新英雄大戦」を読みました。

154話では、

どこの環境に飛び込むかを考えるに置いて迷っていた潔は、他のメンバーの意見も踏まえドイツを選択しました。

いざ出発、と思いきやドイツに行くのではなく青い監獄内でドイツの環境が作られることが分かり、潔の前にいきなり憧れのノエル・ノアが現れました。

それでは、この記事では、ブルーロック【155話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

▼登録簡単!無料で読むならU-NEXT▼

U-NEXTがおすすめな理由

U-NEXT アニメ 無料

初回限定31日間無料

漫画ランキング▶こちら

今話題のアニメ▶こちら

▼今すぐチェック▼

▼月額課金制に不安を感じるなら「まんが王国」▼

まんが王国がおすすめな理由

月額課金制だと解約するのをうっかり忘れて利用しないまま数ヶ月・・・そんなことはありませんか?

そんな不安から解消!

毎日最大50%オフでお得!無料漫画・電子コミックが3000作品以上!1冊丸ごと無料期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信されているから!

▼3000冊以上無料で読めちゃう▼

ブルーロック155話ネタバレ最新あらすじ

U-20日本代表戦の結果が世界の注目を集め、沢山のスポンサーがついたことから絵心が望む以上の第二段階開始を迎えることが出来ました。

勿論、それはドイツだけではなく、それぞれの国からチャンピオンチームU-20の11傑と指導者ストライカーが来ています。絵心はモニターを通じて全紹介を行います。

イングランドからはノエル・ノアと肩を並べる世界的ストライカー、完全英雄クリス・プリンス。

スペインからはリーグの得点王であるドリブラー、舞踏技師ラヴィーニョ。

イタリアからは移籍したチームを優勝に導く王冠配達人スナッフィー。

腐乱氏からは快速の超新星ストライカー、神速神童ロキ。

そしてノエル・ノアを含めたこの5人が各環境の指導者となります。

絵心は第二段階の説明を始めました。

指導者の下でトレーニングに励み、11傑に選ばれることが第一条件です。そしてその11人が各国の選ばれし11人と試合を行います。試合形式はリーグ戦です。

3点先取で交代は無制限、また1試合に1度、3分のみ指導者を入れることも可能、これがこの試合のルールです。

絵心はこの試合が最終選考となり、例にならってランキングを作り上位者を日本代表にすると言いました。これこそが世界一のストライカーを作るための、生存競争なのです。

絵心はこれを新英雄大戦と呼びました。

すると絵心はここで敗者復活を成し遂げたたった1人をドイツに参加させると言いました。そこに現れたのは国神です。

国神が加わり、第二段階開幕。

ブルーロック155話感想

指導者だけが説明されましたが、各国の11傑のレベルもとてつもないことは確かです。

早くトレーニングが始まり、どんな選手がいるのか、日本がついていけるレベルなのかを見られることが楽しみです。

そして待ちに待った国神の帰還。国神は熱さと男らしさの中に冷静さと優しさを持っている人間だったと思うのですが、今回登場した姿はすさんだ死神の様。

どれほど過酷な環境を生き延びて来たのかは分かりませんが、この場にいる誰よりも貪欲に勝利を掴みに行く精神を見せてくるでしょう。

ブルーロック156話考察予想

ようやく国神が戻ってきました。

潔のは国神が戻って来たことを喜び、最後に会った時のようにフレンドリーに絡んで行きますが、国神は潔の知っている国神ではなくなっているでしょう。

1人しか残れなかったという過酷な環境。絵心が「強制実験体(モンスター)」と呼んだことから、過酷という言葉では言い表せない環境を越えて来たと思われます。

日本代表の座、そして世界一のストライカーになるために敗者復活を越えて来た国神は恐ろしい存在に変わっているでしょう。

まとめ

この記事では、ブルーロック【155話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「週刊少年マガジン」を1冊無料で読めちゃうのはこちら